FC2ブログ

くたばれフィル!お前はポールの足元にも及ばない! - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » その他ポールの話題 » くたばれフィル!お前はポールの足元にも及ばない!

くたばれフィル!お前はポールの足元にも及ばない!

フィル・コリンズがかなり直接的にポールを強く非難、個人口撃したことがこのところニュースになっていた。最初このニュースを読んだときは静観、スルーしようと思っていた。いい年をしてこんなゴシップネタに目くじらを立てるなんて大人げないと思ったからだ。

しかし、何度もこのニュースを目にするにつれ、だんだんと許せない気分になってきたのである。

ポールファンの一人としてハッキリ言わせてもらおう。君はポールの足元にも及ばないのだと。いったいぜんたい自分を何様だと思っているのか。そもそもいつから君はポールと対等になったのか?何を勘違いしているのか?今改めて言わせてもらおう。「ちっちゃなフィル」と言ったポールは別の意味で正しかった。それほど君の心はホントに「ちっちゃい」からだ。面会を許され、同じステージに立てただけでも有難く思えなくなった君が本当に気の毒だ。実のところ、僕には君が精神を病んでいるとしか思えない。さよならフィル。二度とポールの前に姿を現わさないでくれ!

さて、口撃の内容は各自ネットなどで検索していただくとして、長年ポールを応援してきたファンから見れば、ポールがフィルに対して投げかけた言葉はけっして悪意のあるものには思えないのである。ポールはフィルが少年の頃からビートルズのファンであることを知っていて、わざと大げさな言い方をしただけに違いないのだ。ヘザーの前でちょっと芝居がかったオーバーな表現になってしまったこともポールのことだから十分にあり得ることだ。ポールはたとえ一般人に対するときでも度を越えた上から目線になることはない人だ。ましてやフィル・コリンズともなれば、ポールも同じミュージシャンとして最低限の敬意を払わないはずなどないのである。
つまり、この件に関しては、僕はあくまでも「受け取る側の問題」であったと思うのである。

しかも、この話が14年も前の2002年の出来事であり、言ってみればフィル・コリンズ自伝の出版ネタにされただけということを考えると、なんという哀れなオッサンなのだろうと僕は思ってしまうのである。

それにたとえフィルの言葉に1割の真実があったとしても、僕はポールの味方である(ポールのファンブログですから、笑)。ただ一方的に言われて黙ってなどいられるものか!と、久しぶりに熱くなってしまったのであった。上記内容はすべて個人的な感想です。チャンチャン。

関連記事