FC2ブログ

Live at the Hollywood Bowl ついにCD化! - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ビートルズ » Live at the Hollywood Bowl ついにCD化!

Live at the Hollywood Bowl ついにCD化!

オールドファンにとっては待ちに待ったと言うべきか。それとも、待ちくたびれたと言うべきか・・・。

1977年に発売されたビートルズ唯一の公式ライブアルバム『Live at the Hollywood Bowl』が約40年の時を経てついにCD化される。

今のところ発売日は9月9日とアナウンスされているが、日本での発売日を含めて詳細はまだ未定。

収録曲についてもまだ情報が錯綜している状態だが、オリジナルに加えボーナストラックが4曲収録されるのではないかと噂されている。またこの秋に公開されるロン・ハワード監督による映画『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years』ともタイアップされることは間違いない。いずれにしろここまで情報がリークされてきているので、公式発表も間もなくと思われる。

個人的にはこのリリースには大賛成である。というのも、僕自身のビートルズ原体験がこのライヴアルバムと非常に密接な関係があるからなのだ。1977年、僕は中学2年生だった。ビートルズに興味を持ち始めたばかりの僕が、初めてお小遣いをはたいて買ったビートルズのアルバムがこの『ビートルズ・ライヴ・アット・ザ・ハリウッドボウル』だったのだ。
つまり、僕はビートルズのスタジオレコーディングをまだほとんど聴いていない状態でこのライヴアルバムを文字通りレコードの溝が擦れ切れるほど聴きまくったのだった。そんな状況が影響したのかどうか・・・今となってはわからないが、このライブ音源は異常なまでの臨場感をもって僕の胸に迫ってきた。ビートルズはライブバンドとしてもすばらしかった。言葉にできないほどに・・・。

あれから40年が経ち、完全にオジサンになってしまった僕が再びあの感動を味わえるのかどうか・・・。それを確かめる意味でも、このリリースは僕にとって大変重要な出来事になるであろう。今から9月が楽しみである。

追記:この記事を書き終わってから1分もしないうちにトラックリストが明らかになった(笑)。ボーナストラックはやはり4曲だった。

The Beatles: Live At The Hollywood Bowl track list:

1. Twist and Shout [30 August, 1965]
2. She’s A Woman [30 August, 1965]
3. Dizzy Miss Lizzy [30 August, 1965 / 29 August, 1965 – one edit]
4. Ticket To Ride [29 August, 1965]
5. Can’t Buy Me Love [30 August, 1965]
6. Things We Said Today [23 August, 1964]
7. Roll Over Beethoven [23 August, 1964]
8. Boys [23 August, 1964]
9. A Hard Day’s Night [30 August, 1965]
10. Help! [29 August, 1965]
11. All My Loving [23 August, 1964]
12. She Loves You [23 August, 1964]
13. Long Tall Sally [23 August, 1964]
14. You Can’t Do That [23 August, 1964 – previously unreleased]
15. I Want To Hold Your Hand [23 August, 1964 – previously unreleased]
16. Everybody’s Trying To Be My Baby [30 August, 1965 – previously unreleased]
17. Baby’s In Black [30 August, 1965 – previously unreleased]

今回のリリースに当たり、サー・ジョージ・マーティンの息子ジャイルズ・マーティンとエンジニアのサム・オケールが最新技術を駆使してリミックスとリマスタリング作業を行なったということ。また新たにキャピトルの倉庫から発掘された音源もあったとのことだ。それだけに、おそらく音自体は格段に良くなっているのだろうが、記事でも触れたあの見事なまでの「臨場感」が損なわれていないかどうか、それは実際に音を聴いてみるしかないだろう。

ユニヴァーサル・ミュージック・ジャパンでも公式発表の詳細が掲載された。
http://sp.universal-music.co.jp/beatles/


関連記事