FC2ブログ

『ピュア・マッカートニー』本日発売 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールのアルバム » 『ピュア・マッカートニー』本日発売

『ピュア・マッカートニー』本日発売

今年最初の公式リリースとなる『ピュア・マッカートニー』の発売日がやってきた。まずはめでたし、めでたし。

といっても僕はどうやら買わずに終わりそうな気配だが(笑)、やはりファンとしてはどれぐらい売れるのかが気になる。願わくば各国でチャートの上位に食い込んで、ミニマッカートニーブームとでもいったものが到来しやしないか、などと秘かに期待しているのだが・・・。しかしそれも選曲の微妙さや4枚組といった部分でのマイナス面を考えると10位内にでも入れば大健闘といえるのかもしれない。

ちなみに発売日の今日アマゾンの音楽ランキングでは総合で71位、洋楽ロック部門では3位だった。

ところでアマゾンでランキングを見ていたら小田和正のベスト盤『あの日あの時』が目に留まった。3枚組50曲。オフコース時代の代表曲のリメイク+ソロ期の集大成的ベスト盤ということで『ピュア・マッカートニー』とダブって映ってしまうのだが、僕にしてみればこちらのほうが遥かに魅力的である。ということで、この記事を書き終わったら『あの日あの時』をオンラインで購入しようと思っている(笑)。

こんなベスト盤が4月に出ていたんだ~、という感じである。僕は昔から小田和正の大ファンで、初期のソロアルバムも何枚かはリアルタイムで買っていたほどなのだが、それ以降長い間ソロ作品は追っかけていなかったので、多くの曲が新鮮な耳で聴けるかと思うと本当に楽しみなのである。オフコース時代の作品はある意味完成されていてリメイクには基本的に反対なのだが、試聴したかぎりでは新しい解釈、別バージョンとして聴ける十分なクオリティだと思うし、何よりも小田さんのヴォーカルにほとんど衰えといったものが感じられないのがすばらしい。小田和正は日本音楽界の至宝である(今さらながら)。

ということで、ポールには失礼だが今回はベスト盤に使うはずだったお金を『あの日あの時』に回すことにする。なんとも皮肉な話だが、やはり企画、発売する側はファンが本当に買いたいと思うような魅力的なコンテンツなり、付録なり、付加価値なりを絶対につけるべきだと思う。というのも僕のようなファンは言われなくてもお金を用意して買うのを待っているからだ。その僕に買おうと思わせないというのはやはりよほどのことなのである(初心者の方は何も心配せずお楽しみください)。価格も『あの日あの時』が3枚組で3900円なのに、『ピュア・マッカートニー』の日本盤が4枚組で7560円とは・・・。誰がどこで搾取しているのかは知らないが、こちらも黙って見過ごせるような問題ではない。

参考:
小田和正:『あの日あの時』

Pure McCartneyデラックスエディション国内盤
HMViconAmazonTower Records

Pure McCartneyデラックスエディション海外盤
HMViconAmazonTower Records

関連記事