FC2ブログ

エルトン復活だっ!その2 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » 未分類 » エルトン復活だっ!その2

エルトン復活だっ!その2

2月6日にエルトン・ジョンのニューアルバム『ワンダフル・クレイジー・ナイト(Wonderful Crazy Night)』が発売された。最初は記事に書く気はなかったのだが、実際にアルバム全体を聴いてみてこれはなんとしても書いておかなくてはという気になった。

これまで何度も公言している通り、僕が好きなミュージシャンは1番がポールであり、2番がエルトン・ジョンである。僕の中でもはやこの順位が変わることは死ぬまでないと思われるが、ポールが2000年以降、特に『ケイオス・アンド・クリエーション・イン・ザ・バックヤード』以降完全に現代の巨匠としての威光を取り戻したのに比べ、エルトンは今ひとつさえないという印象があった。実際のところエルトンは2000年以降もポールに負けないくらい作品は出し続けていたし、それなりに堅調なヒットも飛ばしていたのだが、作品の出来自体がどうも良かった頃のエルトンと何かが根本的に違うと僕には思えて仕方なかったのである。

そんなわけで、2000年以降僕はあれだけ好きだったエルトンをある意味見限っていたようなところがあった。前作『ダイヴィング・ボード』にもはっきり言って失望していた・・・。

しかし、この新作は僕にとってそんな長い長いギャップを一瞬にして埋めてくれるほどの輝きとパワーに満ちている。ひと言でいうと僕の好きなエルトンが帰ってきたのである。これは間違いなくエルトン晩年の傑作の1枚として記憶に残るだろう。個人的に1枚のアルバムを最初から最後までこんなに楽しんだのはポールの『NEW』以来のことだ。作品としての完成度もけっして『NEW』に負けてはいないと思うし、これは先々が楽しみになった。もうすぐ69才になるというエルトン。これで70代もポールと同じように元気で活躍してくれることだろう。いやー、めでたい、めでたい。

参考:
エルトン・ジョン『ワンダフル・クレイジー・ナイト』
『ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード~裏庭の混沌と創造』

関連記事