FC2ブログ

ポールの曲:『トゥワイス・イン・ア・ライフタイム(Twice In A Lifetime)』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールの曲 » ポールの曲:『トゥワイス・イン・ア・ライフタイム(Twice In A Lifetime)』

ポールの曲:『トゥワイス・イン・ア・ライフタイム(Twice In A Lifetime)』

『パイプス・オブ・ピース』リマスター盤のボーナスディスクは1曲ずつ取り上げたいほど内容が濃いのだが、まずは個人的に一番好きな曲をピックアップしておきたい。

『トゥワイス・イン・ア・ライフタイム(Twice In A Lifetime)』

この曲がアルバムのアウトテイクだと誰が信じられるだろうか?しかし、この曲が『パイプス・オブ・ピース』のレコーディングセッションで録音されたことは紛れもない事実である。ただこの曲は元々同名映画の主題歌として書かれたために、あえてアルバムには収録しないという最終判断をポール自身が下したのだった。それがゆえに長い間この曲は一部のコアなファンを除いてほとんど知られることなく現在に至っている。しかし、それにしても惜しい・・・。もしもこの曲がたとえば『タッグ・オブ・ピース』と差し替えられていたならば、アルバムはもっともっと高い評価を得たにちがいないからだ。

実は僕自身この曲の存在については曲名こそ知っていたが、実際に聴いたのはリマスター盤が発売されてからだった。なんと甘く、切なく、優しいバラードなのだろうか。並のミュージシャンならば、こんな曲ができたらそれこそ世界中に宣伝して回りたくなるだろう。だが実際にはこの曲は発売から10年以上を経た再発盤のボーナストラックにひっそりと収録されていただけだった。そしてオリジナルのCDを持っていた僕はただボーナストラックだけのために同じCDを再購入することを躊躇してしまったのだ。しかし、今考えればこの曲1曲だけでも再購入する価値はあったと思う。ポール・マッカートニーを甘く見るな、である。

こうしてアーカイヴシリーズで未発表の曲、無名の曲が次々と明らかになるにつれて、ポール・マッカートニーという人がいかに破格の才能を持ったアーティストであるかに僕は気付かされつつある。いったいこの人には「才能の枯渇」というものはないのか?「スランプ」というものはないのか?なぜなら、一般にスランプと思われていた時期においてさえ、ポールは常に作品を作り続け、新しい試みにチャレンジし続けていたことが今になってわかってきたからである。

関連記事