FC2ブログ

もしも僕が女だったなら・・・ - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » その他ポールの話題 » もしも僕が女だったなら・・・

もしも僕が女だったなら・・・

僕はもうかれこれ40年近くポール・マッカートニーの大ファンである。しかも、かなり熱烈なファンだ。

これは自分にとってはごく自然な事であってなんら不思議なところはないのだが、他人から見ればちょっと変、いやかなり異常とさえ映ることもあるかもしれない。なにしろ男が男に夢中なのだから(笑)。それも40年の長きに渡ってである。

そう思って今こうして自分の事を客観的に見てみると、ウチの嫁はよく何も言わないでこの事実を受け入れてくれているなと思う。まあこの点については嫁に感謝しなければならないだろう。というのも「男が男を好きなんて気持ちワル~イ」なんて思われてもある意味仕方ないと思うからだ。

念のためはっきりさせておこうと思うが、僕は男には全く興味がない(笑)。だから僕がポールが好きなのは彼が男であるということとは全く関係がないのである。僕が彼の事を好きなのは、おそらく90パーセントが彼の作る音楽ゆえであり、残りの10パーセントほどが彼のルックスや、性格や、生き方などに惹かれるからだと思っている。

しかし、もし僕が女だったとしたら・・・。この視点は先日読者の一人であるnabiさんからのコメントを読むまでは一度も考えたことがなかったのである。しかし、これはちょっと面白いではないか。というわけで、この記事を書くことになったという次第。

もし僕が女だったなら、ポールを見る目は全く変わっていただろう。まず、彼は異性として、男としてほぼ完璧な人物に映るだろう。ハンサムで、優しくて、溢れる才能があって大金持ち。しかも妻や家族をなによりも大切にする。同時代のスーパースターたちがほぼ例外なく女や、ドラッグ、酒、金銭問題などで失敗を繰り返す時期を通り抜けてきたのに比べ、ポール一人だけは驚くほど「いつも変わらずまともな人」だったのである。これは昭和の時代にはある意味クソマジメすぎてつまらない男にさえ映ったほどである(いやホント)。ポールが時代をリードし、世界を変えた1960年代、70年代という時代は、ロックスターはワルが当たり前。結婚していても外に複数の愛人を作り、酒とセックスとドラッグに溺れ、豪勢なな生活を送るというのがいわばカッコイイ男だと誤解されていた時代でもあった。今では信じられないことだが、酒を飲まず、タバコを吸わず、女遊びをしない男は「つまんない男」とされていた時代が本当にあったのである。

そんなおかしな時代にあっても、ポールは常にまともであり続けたのである。これはそれだけでもすごい事だ。今や時代が彼の生き方に追いついてきたとも言える。もちろん彼といえど完璧な人間ではないから少々の過ちも冒してはきたが、それらでさえも大きな視点で見れば比較的無害なものばかりであった。人間誰しも大なり小なり過ちは冒すものなのだから。

だから、もし僕が女だったとしたら、ポールをミュージシャンとしてではなく、まずは一人の理想の男性像として彼を見たことだろう。そしてその延長線上に彼の音楽を位置付けたことだろう。そして、彼のような男がこの世にはほとんどいないことを嘆き悲しみ、婚期はかなり遅れたであろうにちがいない(笑)。ポールを好きになってしまった女性というのは案外私生活は不幸な人が多いのかもしれない、なんて言ったら怒られるだろうか・・・。

関連記事