FC2ブログ

『タッグ・オブ・ウォー』『パイプス・オブ・ピース』クイック・レビュー - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ソロ・リマスター日記 » 『タッグ・オブ・ウォー』『パイプス・オブ・ピース』クイック・レビュー

『タッグ・オブ・ウォー』『パイプス・オブ・ピース』クイック・レビュー

せっかく発売したのに現物が手元になくて途方に暮れていたら突然ひらめいた!

Apple Musicである。
http://www.apple.com/jp/music/

知らない人のために少し説明しておくと、Apple MusicとはAppleが運営する音楽聴き放題のサービスである。月額980円だが3か月間は無料でお試しができる。僕はこれに入っていたのである。(iPhoneを持っている人はパソコンでもiPhoneでも聴けるのでとても便利だ)

慌てて検索してみると、あったあった!『タッグ・オブ・ウォー』と『パイプス・オブ・ピース』どちらも(Remastered 2015)と書いてある。さっそく色めき立って聴き始めたというわけだ。

僕はiPhone6sに乗り換えたばかりだったのでApple Musicを同期させ、iPhoneにヘッドフォンを差して聴き始めた。まだまだ聴き込んではいないが以下にクイックレビューをお届けする。

『タッグ・オブ・ウォー』
まずはリミックスの出来が気になるところだが、正直に言うと可もなく不可もなしというのが今現在の感想である。なにしろ『タッグ・オブ・ウォー』はポールの全アルバムの中でも屈指の完成度を誇る名盤であり、プロデュースが御大ジョージ・マーティンなのだからオリジナルに手を加えること自体が少なからぬリスクを伴う。結局何をやったとしてもある程度の批判は免れないということは心に留めておかなくてはならない。それにオリジナルを耳にタコができるほど聴き込んでいるオールドファンというのはわずかな違いも「違和感」として捉えてしまうから困ったものだ(僕を含めて)。まだリミックスではない旧バージョンのリマスター版を聴いていないので何ともいえないが(こちらはApple Musicにはない)、オリジナルのリマスター版を選択するファンも意外と多いのかもしれない。こちらはスーパーデラックスが届くのが楽しみになった。

いずれにしろ今回のリミックス・ヴァージョンがこれからの『タッグ・オブ・ウォー』のスタンダードとなっていくということだ。音質や全体的なまとまりなどは全く問題ないので新しいファンたちは素直に今回のヴァージョンを標準として受け入れていくことだろう。ちなみに今回のリミックス作業は全てポール監修のもとで行なわれた。もちろんポール自身が承認した正式版である。ちなみにリミックスには約1か月を要したということだ。

ボーナスディスクはデモ中心だがなかなか聴きごたえがある。まず『Stop, You Don't Know Where She Came From』は初めて聴いたがアウトテイクにしておくにはもったいない佳曲だ。これぐらいの曲ならばポールにとっては朝めし前なのだろうが、当時の充実ぶりが伺える。『エボニー・アンド・アイヴォリー』のソロバージョンは個人的には長い間欲しかったのでとても嬉しい。スティーヴィーには悪いが僕はこちらのほうが断然好きである。『レイン・クラウズ』も久しぶりに聴いたがポールならではのアコースティック感がとても心地良い。『アイル・ギヴ・ユー・ア・リング』は軟弱系の曲だから発表を控えたのだろうか?。サビの部分を含めてこれはポールの名曲の一つと言って差し支えないだろう。名曲の発掘もアーカイヴの醍醐味のひとつである。

『パイプス・オブ・ピース』
今回個人的に驚きが大きかったのは実はこちらのほうであった。今回のリマスターによって曲ごとの音圧のばらつきが見事に調整されて一枚のアルバムとしての統一感が浮かび上がった。これが最大の収穫である。音質も見事なまでに改善しており申し分ない。これで晴れて『タッグ・オブ・ウォー』(戦争・闘争)と『パイプス・オブ・ピース』(平和)は双子のツイン・アルバムとして認められることになるだろうし、『パイプス・オブ・ピース』もまた『タッグ・オブ・ウォー』にけっして引けを取らない名盤であったことを多くの人が知ることになるだろう。リマスターだけでアルバム自体の評価は大きく変わりうるのである。

各曲に目移すと、まずはマイケルとのコラボレーション2曲のすばらしさを挙げずにはいられない。全米No.1の『セイ・セイ・セイ』はもちろんだが、『ザ・マン』の美しさときたら・・・。その他の曲もリマスターによって見事に生命を吹き込まれ、文字通り生まれ変わっている。『ヘイ・ヘイ』や『スウィート・リトル・ショー』など、僕が今まであまり好きでなかった曲も輝きを取り戻したかのようだ。

ボーナス曲も『タッグ・オブ・ウォー』以上に聴きごたえがある。『イッツ・ノット・オン』はこれまた軟弱系の曲だが僕は大好き。ポールにはあまりないタイプの曲で面白い。『セイ・セイ・セイ』の別バージョンは最後まで聴く価値がある。『トゥワイス・イン・ア・ライフタイム』はバラード好きの人にはたまらないだろう。こんないい曲をほとんどの人が知らないなんて・・・。

参考:
■『タッグ・オブ・ウォー』スーパー・デラックス・エディション(3CD+DVD)
国内盤定価 18,360円(税込)
アマゾン / HMVicon/ 楽天ブックス / UMJ
海外盤
アマゾン / HMViconタワーレコード / KINGSROAD(海外サイト)

■『タッグ・オブ・ウォー』デラックス・エディション(2CD)
国内盤定価 3.996円(税込)
アマゾン / HMVicon/ 楽天ブックス / UMJ
海外盤
アマゾン / HMViconタワーレコード / KINGSROAD(海外サイト)

■『パイプス・オブ・ピース』スーパー・デラックス・エディション(2CD+DVD)
国内盤定価 16,200円(税込)
アマゾン / HMVicon/ 楽天ブックス / UMJ
海外盤
HMViconタワーレコード / KINGSROAD(海外サイト)

■『パイプス・オブ・ピース』デラックス・エディション(2CD)
国内盤定価 3.996円(税込)
アマゾン / HMVicon/ 楽天ブックス / UMJ
海外盤
アマゾン / HMViconタワーレコード / KINGSROAD(海外サイト)

関連記事