FC2ブログ

ポールの曲:『アナザー・ガール(Another Girl)』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールの曲 » ポールの曲:『アナザー・ガール(Another Girl)』

ポールの曲:『アナザー・ガール(Another Girl)』

ポールが今年4月28日の武道館公演で世界で初めてライヴ演奏したことはまだ記憶に新しい。なにしろ1965年に発表された曲であり、ビートルズ時代でさえ一度もステージでやったことのない曲なのだからリアルタイムで武道館にいた人たちの驚きはさぞ大変なものであっただろうと思う。

しかしこの曲、一般的にはビートルズの曲の中では意外と低評価だったと聞いて僕は2度驚いてしまった。ポールびいきの僕にしてみれば、この曲はアルバム『ヘルプ!』の中でも間違いなく上位にランクされる曲だったからだ。同じアルバムの中では『ザ・ナイト・ビフォア』『夢の人』と並びポールの類いまれなる音楽センスをしっかりと感じさせるスタイリッシュな名曲と僕は思っているし、世間がどう言おうと今さらその評価が変わるわけでもない。

ただオリジナルではポールがリードギターを弾いているので、ライヴでもポールがギターを弾いてくれたらもっともっと盛り上がるのにな、などと個人的には少し残念に思う部分もある。

武道館公演後もポールはこの曲をセットリストにしっかり組み込んでツアーを行なっている。最近はアンコールの中の1曲として演奏されているようだから、評判もきっと上々なのだろう。これを機にこの曲の良さが再評価されればよいなと思う。

ともかく、これでまたポールがビートルズ時代に発表した作品の中でライヴ演奏していない曲がまた1曲少なくなった。ポールがリードヴォーカルを取っているビートルズの曲で、未だ公式ライヴで演奏していない主な曲は以下の通りである。

Hold Me Tight
What You're Doing
When I'm Sixty-Four
Martha My Dear
Rocky Raccoon
Why Don't We Do It in the Road?
Honey Pie
Maxwell's Silver Hammer
Oh! Darling

改めてここまで少なくなったかと僕のようなオールドファンは感慨もひとしおである。70年代ウイングスのツアーでビートルズの曲が初めて披露されたとき、その曲数はわずかに4曲であった。その後1980年に突然訪れたジョンの死の衝撃の影響から、ポールは2度とステージには立たないだろうとまで言われたものだ。しかし1990年、10年以上の沈黙を破り幸いにもポールはライブ活動を再開したわけだが、いったいポールは何歳まで歌えるのか、そしてまたポールはビートルズの曲をどれくらいやってくれるのか、当時の僕には全く予測不可能だった。

だがそれからさらに25年もの月日が流れたのだ。25年!そして信じられないことだがポールは今も僕たちファンと共にある。しかも現役で!僕にとってはポールはすでに夢の全てを叶えてくれたようなものである。しかし、ポールは僕たちを夢のまた向こうへと連れて行ってくれるようだ。まさにマジカル・ミステリー・ツアー。ポール、今日もすばらしい歌と音楽をありがとう!

参考:アルバム『ヘルプ!』(CD)

関連記事