FC2ブログ

『ヴィーナス・アンド・マース』ボックスセットレビュー その2 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ソロ・リマスター日記 » 『ヴィーナス・アンド・マース』ボックスセットレビュー その2

『ヴィーナス・アンド・マース』ボックスセットレビュー その2

『ラム』『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』と2作続けて豪華版が続いたが、今回は1冊にすべてが収納されるタイプに戻った。今後も特別な場合を除き、このスタイルで統一されてゆくのかもしれない。

ページをめくってゆくたびにまず感心させられるのは、豊富な写真の数々である。そのヴォリュームと質は単純に一冊の写真集としても十分成立するだけのものがある。単に写真集としても軽く2、3千円の価値はあるだろう。当時は携帯電話もパソコンもインターネットも全く存在していない時代。写真から伝わってくるのも、なんとなくあくせくしていない、のんび~りとした雰囲気である。言葉にするのは難しいが、現代が失ってしまった何かを確実にこれらの写真は映し出しているように僕には思われる。これらの写真だけでもファンにとってはきっとかけがえのない財産となるであろう。

次にページの間に挟み込まれた付録等を以下に書き出してみよう。
・『ナッシュビル日記1975』・・・ウイングスのナッシュビル滞在中の模様を収めたミニ写真集。
・『ポール自身による手書き歌詞カードのレプリカ』・・・ポールがアルバム収録曲順にすべての曲の歌詞をA4用紙に手書きで記入し、それらの紙をセロテープで張り合わせて「巻物」形式にしたと解説にある。今回もテープの張り合わせ部分や手作り感がリアルに再現されている。ちなみにポールのハンドライティングはかなりうまいほうだと個人的には思っている。
・『ラヴ・イン・ソングの手書き楽譜のレプリカ』
・『白黒の生写真』1枚
・『ヴィーナス・アンド・マースのステッカー』(丸1枚、四角1枚)
・『公開最終リハーサル告知ポスターと招待状のレプリカ』・・・ウイングスは1975年9月にロンドン郊外のエルストリー・スタジオでワールドツアー直前の公開リハーサルを行なった。これはツアーと全く同じ衣装、形式で行なわれたリハーサルで、世界中から多くの有名人たちが訪れたという。つまりニュースにはなったかもしれないが、一般人には全く縁がなかったものということだ。その招待状はレプリカといえど、ウイングス全員のサインが書かれておりかなり貴重である。

今回の付録類については『ポールの手書き歌詞カード』以外は正直言ってたいしたことないな、というのが個人的な感想である。だがそれでもファンにとっては最重要のコレクターズアイテムであることに変わりはない。やはり熱烈なファンならばボックスセットは絶対に買っておくべきだと思う(と言いながら、まだ『スピード・オブ・サウンド』のボックスセットを買う予定がない私・・・)。

参考:
ヴィーナス・アンド・マース (スーパー・デラックス・エディション)(DVD付)
スピード・オブ・サウンド (スーパー・デラックス・エディション)(DVD付)

関連記事