FC2ブログ

ポールの曲(番外編):『マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ(My One And Only Love)』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールの曲 » ポールの曲(番外編):『マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ(My One And Only Love)』

ポールの曲(番外編):『マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ(My One And Only Love)』

今回あえて(番外編)としたのは、実際にはこの曲はポール自身の手になる曲ではないからである(つまり他人の曲のカバー)。

しかし、それでもこの曲をあえて選んだのにはもちろん訳がある。それはこの曲の出来があまりにもすばらしいにもかかわらず、この曲がアルバム・アウト・テイク(ボーナス曲)であるためにほとんど知られていないからだ。この曲は2012年に発売されたポール初のジャズ・スタンダード・カバー・アルバム『キス・オン・ザ・ボトム』のデラックス・エディションのみにボーナス・トラックとして収録された。つまりこの曲は『キス・オン・ザ・ボトム』の正式な収録曲からは漏れた形となっているのだ。

だが僕はこれに全く納得がいかないのである。この曲におけるポールの甘いヴォーカルは彼の全キャリアを通しても一、二を争う最もロマンティックなものであり、ヴォーカルの出来だけを見ても『キス・オン・ザ・ボトム』全曲中トップ3に入る最高のものだと個人的には評価しているからだ。

ポールがこの曲を本気で外したのか、またはある種のいたずら心で「故意に」外したのかは僕の知るところではない。しかし、ポールはこの曲をまるで自分が書いた曲のように完全に手の内に入れており、今ではポールの数多いカバー曲の中でも最も成功した曲の一つと僕は考えている。この曲で聴かせるポールのヴォーカルはまさにロマンティック・バラードの極致とも言えるものである。もしもあなたが甘く優しいポールの歌声が好きなら、この曲は絶対に聴いておくべきだと思うし、ライブラリーの1曲に是非加えておいていただきたいと思うのである。

ちなみにこの曲はあのフランク・シナトラがレコーディングした曲としても有名のようだが、この曲に関するかぎり、ポール版のほうが完全に優れていると思う。余談になるが、もう1曲デラックス・エディションのみに収録されているボーナス曲『ベイビーズ・リクエスト』(こちらは珍しくセルフカバー)も出色の出来となっているので併せて追記しておきたい。ポールはなんとも罪な(粋な?)ことをするものだ。

参考:『キス・オン・ザ・ボトム』デラックス・エディション(CD 海外盤)

関連記事