FC2ブログ

ポール再来日について正直に書いてみる(4) - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » 日本公演2015夢日記 » ポール再来日について正直に書いてみる(4)

ポール再来日について正直に書いてみる(4)

ウィキペディア英語版にアウト・ゼア・ツアーのデータが掲載されている。

http://en.wikipedia.org/wiki/Out_There_(tour)

ページを下の方にスクロールしてゆくと、公演施設と収容人員、チケット売り上げなどのデータが時系列で掲載されているのでご覧いただきたい。Attendanceは右側の数字が収容人員、左側の数字が実際にチケットが売れた枚数である。Revenueは単純にチケットの売り上げ総額と思われる。この金額がかなり興味深いのでのちほど検討する。

まず気が付くのが、全体的にスタジアムクラスの公演が少ないことである。日本ではいつもドーム球場中心の公演であるためそれが当たり前のようになってしまっているのだが、ことアウト・ゼア・ツアーに関しては1万5千人~2万人台のアリーナクラスが非常に多い。特に後半のアメリカツアーは2万人以下の会場がほとんどである(ひえ~)。ポールのライヴがアリーナ級の会場で見れるなんて実にうらやましいかぎりだが、これはれっきとした現実であることをまず心に留めておいていただきたい。

続いてチケットの売り上げ金額である。
2013年の日本公演全6公演のチケット売り上げ合計金額は約4000万ドル。1公演あたり約670万ドル、日本円にして約7憶7千万円となる(1ドル115円で計算)。
日本公演の1公演の平均が670万ドルということがわかったので、この金額を他の会場と比べてみる・・・。
なんと1公演の売り上げが670万ドルを超えていたのは、たったの1公演のみ。あの有名なキャンドルスティックパークで7万人を集めたコンサートだけであった(702万ドル)。他の公演は200万ドル代が一番多く、時々300万ドル、400万ドル、500万ドル代がところどころに混ざっているといった感じである。

つまり日本公演はものすごく儲かるのである。2013年はたった6公演で約46億円を叩き出したことになる。
ちなみにこれと同じ金額に達するために、アメリカで2014年7月から再開されたツアーでいったい何公演かかるかを計算してみたところ、約2倍の12公演となった。ということは単純にいえば日本では同じ労力で2倍の額が稼げるのだ。実際にこの数字を目にしてみると、日本がいかに短期間で効率よく収益を上げられる国であるのかがわかる。外国人アーティストがこぞって来日するのも無理もない話だ。

こんな事を調べていったい何が言いたいのかというと、ポールがこれらの数字を知らないはずはないということだ。いや実際にはもっと細かい数字がポールに報告されていることだろう。だからチケット金額云々は、ポールがたとえ自分で金額を決めていないとしても、暗黙の了解でゴーサインを出しているのと同じ事なのである。

でなければ、ポールがこう言うことも可能だったろう、「日本では2倍の収益が上がるのだから、今回はファンのためにチケット代を半額にしてやってほしい。僕はワーキングクラスの出身だからね。彼らの気持ちがわかるんだ。」と。そして実際それでも他国と同じだけの利益は出るはずなのである。だが、もちろんそんな事は起こらない。ポールはもはやワーキングクラスではないし、それを今の彼に期待するほうがムリというものだ。彼は今や世界有数のセレブなのだから(ちょっと寂しいけど)。

なんか結果的にポール批判になってしまった感があるが、僕が言いたいのはすべてをプロモーターやマネジメント側だけのせいにはできないということである。やはり陰にはポールという大きな存在があり、(なんか黒幕みたいだが)彼の承認なしには何事も進まないのだということだけはここで指摘しておきたい。

さて、そろそろ結論に移るとしようか…。
恥ずかしながら、僕自身の個人的な結論は…「貧乏が憎い!」ということに尽きる(爆笑)。2万でも10万でもなんの躊躇もなくポンと出せる大人になりたかった。サウンドチェックにも毎回参加できるファンになりたかった。だがそうなれなかった自分が憎いだけ。ただそれだけの話なのである。金さえあれば黙ってチケット購入だ。なんせ僕にとってポールは神にも等しい存在である。セットリストが同じだろうと、声がガラガラだろうと、72才の爺さんだろうと、そんなことは全く関係ないのである。ただ彼がいる空間を共有したい、ただそれだけなのだ。これはコンサートでさえない。これは聖地巡礼なのだ。

だから読者の皆さん。長々と言いたいことは正直に書かせていただきましたが、行ける方は絶対に行ってください。なぜなら、行かなくて後悔することはあっても、行って後悔することはポールに関してはないからです。僕もこれで毒を出し切りました。これからはただ歓迎ムードでブログも盛り上げてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。ハア~、なんというオチ…(完)

参考:2月8日(日)23:59まで チケットぴあ ポール・マッカートニー・アウト・ゼア・ジャパン・ツアー2015 最速WEB先行予約サイト 
icon

関連記事