FC2ブログ

ポールの曲:『あの娘におせっかい(Listen To What The Man Said )』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールの曲 » ポールの曲:『あの娘におせっかい(Listen To What The Man Said )』

ポールの曲:『あの娘におせっかい(Listen To What The Man Said )』

ポールは数えきれないほどのいわゆる“名曲”を世に送り出しているが、ことポップソングという括りで考えたなら、僕は『あの娘におせっかい』がある意味永遠にベストソングであり、誰もこの曲を超えるポップソングは書けないのではないか、と思うことがある。

もちろん実際にはそんなことはないだろう。世の中はすばらしいポップソングに満ち溢れているから。しかし、この種の幻想というのはポール・マッカートニーの音楽に心底魅せられてしまった僕のようなファンの頭の中に何度も何度も浮かんでは消え、消えてはまた浮かぶ蜃気楼のようなものなのである。

「この曲こそが最強だ!」、「この曲に勝るものなど世界に一つもない…」、「ポール自身この曲を超える曲は絶対に書けないだろう」などなど…。僕自身そのように思った曲というのはなにも『イエスタデイ』『ヘイ・ジュード』『レット・イット・ビー』のような超有名曲に限ったことではなく、実際に何十というポールの曲について瞬間的にこのような思いが脳裏をよぎるのをどうしても止めることができないのである。それは生きてポールの曲を聴き続ける限り、きっと永遠に循環を繰り返すのであろう。ポールは本当にすごいソングライターだ。

先日もなにげなく『ミセス・ヴァンデビルト』を聴いていたら、そのセンス溢れるベースプレイと、完璧ともいえる手作り感覚のギターワーク、そしてすばらしい歌声と必殺のメロディーが怒涛のように僕の聴覚を刺激し、至福の極みとしか言いようのない状態を生み出したのであった。「ああ、こんなにもすごい曲がシングルカットもされていないなんてぇぇぇ…」。僕はただただ溜息をつき、ポールの驚くべき才能に呆れ果てるばかりだった。たしかにあの瞬間に関していえば『ミセス・ヴァンデビルト』は僕にとって世界最高の名曲であったのだ。

さて『あの娘におせっかい』に話を戻そう。冒頭で述べた通り、この曲は完璧なポップソングのお手本のような曲である。理屈抜きに聴いていて楽しいし、自然と身体が動いてしまう。そして、訳もなく幸せな気分にさせてくれる。ポールの底抜けに明るい性格がそのまま曲になってしまったような曲という気もする。

まずイントロの主題で完全に昇天(笑)。この短いフレーズの中にマッカートニー・ミュージックの精髄が凝縮されていると言ってもあながち間違いではあるまい。続いてポールのヴォーカルが入ってくるやいなや、あれよあれよという間に明るく楽しいポール・マッカートニーの音楽世界へと引きずり込まれてしまうのである。歌詞などわからなくても、この曲が人生を肯定的に歌ったものであることがビシバシ伝わってくる。これが音楽の素晴らしさだ。

しかし、ポールはこの曲のアレンジには苦労したのだという。そして最終的に行き着いたのがデイヴ・メイスンのギターとトム・スコットのサックスをフィーチャーしたテイクであった。たしかにこれは大正解と思われる。盤石と思われた当時のウイングスのメンバーでさえ何かが足りなかったのだ。特にトム・スコットのサックスは完全な即興演奏だそうで、たったワンテイクで録られたというから恐れ入る。

ポールは70年代のツアーでこの曲をレパートリーに入れていたが、その後長らくツアーでは聴く機会がなかった。しかし、現在の『アウト・ゼア・ツアー』のセットリストにこの曲が加えられたことは皆さんご存じの通り。演奏はポールのピアノをベースにした70年代のアレンジではなく、よりオリジナルに近いギター主体のスタイルになっていて個人的にはこちらのほうが気に入っている。

チャートではアメリカでは1位を記録しているが、イギリスで6位止まりというのはどうにも納得がいかない。しかしアメリカでも1位は1週のみ。個人的な感覚では『心のラヴ・ソング』(アメリカで5週間1位)と同じくらい売れても不思議はないとずっと思ってきたのだが、このあたりは一般人と僕との感覚の違いなのかもしれない。とにかく僕にとってはなにがあろうとベストソングの一つなのである。

『Macca Go Go Go!管理人の日記』再開しました。よろしければお越しください。

参考:
『ヴィーナス・アンド・マース』ボックスセット 日本盤
アマゾン楽天ブックスHMVicon

『ヴィーナス・アンド・マース』ボックスセット 海外盤
アマゾン 未掲載/楽天ブックス 未掲載/HMViconAmazon.com(アメリカ)Amazon.ca(カナダ)

関連記事