FC2ブログ

Paul McCartney: Recording Sessions (1969-2013) - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールの本 » Paul McCartney: Recording Sessions (1969-2013)

Paul McCartney: Recording Sessions (1969-2013)

読者より『ザ・ビートルズ・レコーディング・セッションズ』の話が出たので、ポールのソロキャリアにおける同系統の本を紹介しておこう。

本のタイトルは『Paul McCartney: Recording Sessions (1969-2013)』

発売は2013年11月なので知っている人もいると思うが、今のところ英語版のみなので実際に購入している日本人はほとんどいないと思われる。(読者で買っている人がいたら感想をお聞かせください)

しかし、僕が知る限りポールのソロ作品についてここまで詳細に調べ上げた本は今まで皆無である。内容はアルバム『マッカートニー』から最新作『ニュー』まで公式に発表された曲をレコーディング日をベースに時系列に並べ、1曲ずつ解説したものとなっている。各曲の解説にはレコーディング年月日、収録スタジオ、リリース情報、曲にまつわる話、関係者の証言、インタビュー、参加ミュージシャンと担当楽器等が収められている。収録曲数は全383曲。440ページ。インタビューした関係者は元ウイングスのメンバーなども含めて約70名にのぼる。写真などは一切なく、情報をしっかり詰め込んだものになっているということ。まだ初版なので改善点などもあると思うが、今後これがベースになってポールのソロ楽曲についても研究が進んでゆくだろうと思われる。これは非常によい傾向だ。

そして個人的に特に嬉しいのが、比較的研究が進んでいる70年代~80年代だけではなく、90年代以降から最新アルバムの楽曲にまで同じように光が当てられているということ。僕は長い間こういう本が現われるのを待っていた。

さて本の評価だが、米アマゾンでのレビューを見ても評価は平均で星5つとすこぶる高いのでファンであれば買って損ということはないと思う。日本人にとっては英語版というのが辛いところだが、データ中心なのでそれほどハードルは高くないと思うし、いっそ英語勉強のテキストと割り切ってしまえばよいのではないだろうか?。僕もソロ作品だけを取り上げたこの本だけはさすがに買う方向に心が動いている(笑)。

さて本の値段だが、少し前までは日本のアマゾンでは取り扱っていなかったのだが、今見ると4,029円+配送料で購入が可能である。ちなみにアメリカのアマゾンでは27ドルで約3,200円。送料を含めればやはり4,000円近い金額になる計算だ。なので、わざわざ海外から取り寄せるメリットは少ないと思われる。円安は痛い…。

参考:
Paul McCartney: Recording Sessions (1969-2013)(ペイパーバック 英語)
ザ・ビートルズ レコーディング・セッションズ完全版

関連記事