FC2ブログ

ポールの曲:『セイヴ・アス(Save Us)』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールの曲 » ポールの曲:『セイヴ・アス(Save Us)』

ポールの曲:『セイヴ・アス(Save Us)』

アルバム『NEW』のオープニングを飾る曲であり、今現在も継続中のポール・マッカートニー・アウト・ゼア・ツアーの2曲目として今やポールのライヴには欠かせない曲として定着しつつある『セイヴ・アス』。

約1年前、最初にこの曲を聴いたときは「なんじゃこりゃ?いかにも3流ロックバンドが作りそうな軽い曲だな~」(特にイントロ)と、思わず苦笑いしてしまったことを思い出す。しかし今ではその印象が全くの誤りであったことを痛感している。

たとえば『オール・マイ・ラヴィング』のように、たとえ短い曲であっても何百回聴いても決して色褪せることのないマッカートニー・ミュージックの真髄がここにあるように感じられるからである。たったの2分40秒。唐突に始まり唐突に終わるこの曲はポールのライヴにビートルズを聴きにきた聴衆をも即座に納得させてしまうとてつもない魅力を秘めている。

『NEW コレクターズ・エディション』に収録された2013日本公演のライヴ4曲を聴けば、いかにこれら4曲の楽曲が優れているか、そしてポールと彼のバンドがいかに高いレベルでこれらの曲をステージ上で再現させているかがよくわかる。これら4曲だけでも『NEW』が文字通りポールの「新しい」傑作アルバムであることは明白だ。『フラワーズ・イン・ザ・ダート』の時も、『オフ・ザ・グラウンド』の時も、そして『ケイオス・アンド・クリエーション』の時でさえ、新曲がステージ上でこれほど輝くことはなかったのだから。

だがもちろん『NEW』の魅力はただそれだけにとどまらない。今回コレクターズ・エディションで発表された『ヘル・トゥ・ペイ』と『デーモンズ・ダンス』の2曲を含めれば何と全18曲。実質2枚組に匹敵するボリュームであり、収録曲も実にバラエティに富んでいる。僕は実際にこの18曲を並べてシャッフルプレイで聴いてみたのだが、ある意味ポールの音楽の集大成とも言える素晴らしすぎる内容に完全に言葉を失ってしまった。楽曲の質の高さと幅広い音楽性という点では僕がポールの創造性の頂点と考えるホワイトアルバムの頃をも彷彿とさせるものがある。とても70才を過ぎた人が作った音楽とは信じられない。『ケイオス・アンド・クリエーション』以降、ポールは一貫して高いレベルの作品を作り続けてきたが、今回『NEW』で一つのピークに達したのではないかと僕は思う。だが僕たちファンはさらに上を期待してしまう。『NEW』を超えるような作品をポールが作ってくれることを。未来への希望・・・。

そしてポールの新曲『ホープ・フォー・ザ・フューチャー(Hope For The Future)』はこちら。
https://www.youtube.com/watch?v=Ql1jzh324NQ

『NEW』コレクターズ・エディション(CD 国内盤)
『NEW』コレクターズ・エディション(CD 海外盤)
『NEW』コレクターズ・エディション CD2+プロモ映像4曲(iTunesストア)

関連記事