FC2ブログ

日本公演から1年…そして再び『NEW』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールのアルバム » 日本公演から1年…そして再び『NEW』

日本公演から1年…そして再び『NEW』

2013年の日本公演からちょうど1年が過ぎた。

去年の今頃、僕はこれからまた(20年ぶりに)ポールのコンサートが観れるのだという大きな期待感と異常な興奮状態の只中にあった。そう、季節は少し肌寒くなりかけたちょうどこの頃。ひんやりとしたこの空気感…。木々の香り…。どうやら僕はただ単に記憶だけではなく、体感的に全身でもってあのすばらしいひと時を魂に刻み付けてしまったようだ。

過去記事参照:こんな人はもう出ない

2014年の春に何があったにせよ、あのとき僕たち日本人は幸運だった。大傑作アルバム『NEW』の発売直後に僕たちはオフィシャルツアーにおいてポールの新曲4曲を聴いた世界で最初の国民になったのだから。そして1年後の今もなお、あのときとほとんど同じセットリストでワールドツアーは継続中である。

あのときはまだ多くの人が『NEW』がこれほどまでにすばらしい作品であることに気付いてはいなかった。だが名作とはそういうものだ。大衆がその事実を認識するには時間がかかる。

発売から丸1年が過ぎても僕にとって『NEW』は全く変わることのない輝きを放っている。それどころか僕はこのアルバムがどんどん好きになっている。発売から1年を過ぎてなおも好きだと言い切れる作品というのはそうそうあるものではない。70年代の『ラム』『バンド・オン・ザ・ラン』『ヴィーナス・アンド・マース』、80年代の『タッグ・オブ・ウォー』、90年代の『フレイミング・パイ』、2000年代の『ケイオス・アンド・クリエーション』、そして2010代の『NEW』…。まだまだ流動的ではあるが、『NEW』はこれらの名作群の中にあっても僕の中ではかなり上位にランクされる可能性を感じている。

そしてポール自身もこれまでにないほどこのアルバムをプッシュしているように感じる。本当にポールはがんばっている。これだけの作品なのだから、僕はもうこのアルバムに音楽界最高の栄誉といえるグラミー賞の最優秀アルバム賞をあげてもいいのではないかと思っている。もうあまり時間は残されていないのだから。ポールが音楽界に残した偉大なる功績を考えると、過去4度もノミネートされながら彼が今まで最優秀アルバム賞を一度も取ってこなかったこと自体が不自然だし、本来あり得ないことだと思う(ちなみにジョンとジョージは過去1度ずつ受賞している)。

『NEW』は発売日の関係で来年のグラミー賞にノミネート権がある。各賞のノミネートは12月だが、僕はそれまでに受賞への祈りも込めて『NEW』に関連する記事を不定期でアップしようと思っている。ちなみに近年ポールはグラミー賞の比較的マイナーな部門賞は何度も受賞している。もう小さいやつはいらない(笑)。あくまでもターゲットは最優秀アルバム賞だ!

参考:
『NEW』コレクターズ・エディション(CD 国内盤)
『NEW』コレクターズ・エディション(CD 海外盤)
『NEW』コレクターズ・エディション CD2+プロモ映像4曲(iTunesストア)

関連記事