FC2ブログ

ポールの曲:『ヘル・トゥ・ペイ(Hell To Pay)』『デーモンズ・ダンス(Demons Dance)』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールの曲 » ポールの曲:『ヘル・トゥ・ペイ(Hell To Pay)』『デーモンズ・ダンス(Demons Dance)』

ポールの曲:『ヘル・トゥ・ペイ(Hell To Pay)』『デーモンズ・ダンス(Demons Dance)』

『ニュー・コレクターズ・エディション』(海外盤)が届いた。お目当てはやはり未発表の新曲2曲である。

ポールのアウトテイクには質の高いものが多いとかねてから定評があるが、今回もその例に漏れず・・・というのが個人的な第一印象である。淡い期待をかけて同じアルバムのために追加で3千円余りを投資してみたが、結果的には大満足。ま、異論もあろうかとは思うが、僕自身は「またしてもやってくれましたねポールさん」という感じだ。ありがとうポール!

曲の感想を書く前に、コレクターズ・エディションの内容について簡単に紹介しておこう。
CD1はオリジナル12曲にボーナストラックの『ターンド・アウト』『ゲット・ミー・アウト・オブ・ヒア』とシークレット・トラックの『スケアード』を含む全15曲。これは従来のものと同じ。
CD2は全7曲入りで、これまで日本盤のみに収録されていた『ストラグル』に加え、未発表曲の『ヘル・トゥ・ペイ』と『デーモンズ・ダンス』の3曲がスタジオ録音。残り4曲が2013年東京公演からのライヴ音源が収録されている。ライヴ音源の出来はいずれもすこぶる良いと思う。

DVDは盛りだくさんでまだ全部を観きれていないのだが、ポールのレコーディング風景や、バックステージでの様子などが堪能できる。プロモビデオとそのメイキング映像なども必見だ。

日本盤はちと高すぎるが、僕は3,300円ほどで海外盤を買えたので総合的にはとても満足している。では未発表曲の感想を・・・。

『ヘル・トゥ・ペイ』
はっきり言ってこの曲1曲が聴けただけでコレクターズ・エディションは買った価値があったと思っている。それぐらい僕のツボにぴったりはまってしまった曲である。

ポールの曲は初めて聴く曲ではあっても、時に「まるで以前夢の中で聴いたことがあるような」気持ちにさせられてしまうときがある。この曲を初めて聴いたとき、僕は表現しようのない懐かしさを覚え、一人でニヤリとしてしまったのであった。

これは・・・アウトテイクどころか、シングルにしてもいいのではないかとさえ思えるほど。少なくとも僕は『NEW』のボーナストラックの中ではこの曲が一番好きだし、たとえ最初からアルバムに収録されていたとしても何の問題もなかったと思える。特に驚かされたのがロックとオーケストラの融合ともいえる厚みのある少し大仰なアレンジとサウンドで、この路線は個人的には大いに歓迎するところである。調べてみたらプロデュースはジャイルズ・マーティン。ふーむ、偉大なる父に負けず劣らずのいい仕事ではないか。いっそのことフィル・スペクターばりのウォール・オブ・サウンド・ポール版とでもいったものにでも挑戦してもらえないものだろうか・・・などと一人空想にふけってみたりしたのである(笑)。久しぶりに聴きごたえのあるロックソングに出会ったという気がする。ポール最高!

『デーモンズ・ダンス』
『ヘル・トゥ・プレイ』に比べると、僕のこの曲に対する評価はかなり落ちるというのが正直なところである。率直に言って、こちらはアウトテイクと言われても素直に受け入れることができた。ただ捨て曲というほど悪いものではない。これもポールの無限とも思える曲作りのバリエーションの一つと考えれば、これはこれでありと思えてくるから不思議である。なんとなく70年代頃の雰囲気も感じたりする。後半のゴスペルばりのコーラスも聴きもの。こちらのプロデュースはイーサン・ジョンズ。

参考:
『NEW』コレクターズ・エディション(CD 海外盤)

尚、『ヘル・トゥ・ペイ』と『デーモンズ・ダンス』はiTunesストアでも曲単位で購入できるが、今見たところCD2の全曲とプロモビデオ4曲にデジタルブックレットが付いて800円となっているので、これはおススメである。

『NEW』コレクターズ・エディション CD2+プロモ映像4曲(iTunesストア)

関連記事