FC2ブログ

アメリカのアマゾンで注文してみた - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ソロ・リマスター日記 » アメリカのアマゾンで注文してみた

アメリカのアマゾンで注文してみた

アメリカのアマゾンでアーカイヴ2作を購入した場合のシミュレーション(予約注文)をやってみたところ、かなり興味深い結果が出たので公開しておこう。

本家アメリカ Amazon.com

注文日は9月25日。『ヴィーナス・アンド・マース』と『スピード・オブ・サウンド』のボックスセットを同時に注文した。以下がその価格と合計金額である(特に『スピード・オブ・サウンド』は安い!)。

『ヴィーナス・アンド・マース』 76ドル99セント
『スピード・オブ・サウンド』 67ドル98セント

小計 144ドル97セント

配送料 5ドル57セント
------------------------------------------------
合計 150ドル54セント

正直言って驚いてしまった。合計150ドル54セント…。最近は円安が進んでいるので1ドル110円と考えたとしても約16,500円。これはアメリカからの配送料込みの値段である。
※ただし配送料は追跡ができない最も安い設定のもので商品到着までに18日から32日かかる。ただそれ以外にも8日~16日以内の到着便と、2日~4日以内の到着便の2種類のオプションがあるがもちろん配送料はもっと高くなる。

いちおう証拠画像・・・
us order2

いっぽう国内盤の実売価格は約1万2千円。2枚買えば2万4千円だから、その差額は7,500円にもなる。その差額で『NEW』コレクターズ・エディションを買ったとしてもまだお釣りが来る計算だ。

ただし上記はあくまでも価格面での話で、以下のようなデメリットも存在することを知っておこう。

・英語でのアカウント登録が必要。
・購入にはクレジットカードが必要。
・配送に時間がかかる。
・国内輸送よりも製品にダメージが発生するリスクが大きい(?)。
・別途関税がかかる場合あり。
・トラブル発生時のカスタマーサービス対応は英語のみ。
・当然日本語のライナーノーツやDVDの字幕などはなし。

しかし上記デメリットを考慮したとしても、価格的なメリットはそれらを補って余りあるものだと思う。ゆえに今僕はこの注文をこのまま生かすかどうかを真剣に検討中である。今後自分のためにも、読者のためにも参考となる実例を作っておきたいという気持ちもある。

英語でのアカウント登録や注文は、英語が苦手な人にとってはかなりしんどいと思う。しかし、日本のアマゾンで買い物をしたことがあれば、入力項目や購入の流れなどは基本的に同じなので、辞書を片手にがんばればなんとかなると思う。質問などあればコメント欄でも受け付けますのでお気軽にどうぞ。

ちなみに現在までのところアメリカのアマゾンでは価格の変更、改定はないようである。今回の記事でいったい何を感じ、何を思われるかは、まずは読者一人一人のご判断に委ねたいと思う。

参考:
『NEW』コレクターズ・エディション(CD 国内盤)
『NEW』コレクターズ・エディション(CD 海外盤)

『ヴィーナス・アンド・マース』ボックスセット 日本盤
アマゾン楽天ブックスHMVicon

『ヴィーナス・アンド・マース』ボックスセット 海外盤
アマゾン 9/26現在未掲載/楽天ブックス 9/26現在未掲載/HMViconAmazon.com(アメリカ)Amazon.ca(カナダ)

『スピード・オブ・サウンド』ボックスセット 日本盤
アマゾン楽天ブックスHMVicon

『スピード・オブ・サウンド』ボックスセット 海外盤
アマゾン 9/26現在未掲載/ 楽天ブックス 9/26現在未掲載/HMViconAmazon.com(アメリカ)Amazon.ca(カナダ)

関連記事