FC2ブログ

ポール・マッカートニーの芸術 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールの演奏、名演 » ポール・マッカートニーの芸術

ポール・マッカートニーの芸術

以下の映像は2014年8月14日キャンドルスティックパークでのコンサートの模様を映したものである。撮影は個人によるものと思われるのだが、ポールの演奏ぶりが運指やコードの押さえ方までを含めてはっきり確認できるので紹介しておきたい。

『アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア』

『オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ』

『アナザー・デイ』

これまでに公式発表されたポールのライヴ映像はかなりの数に上るが、曲の最初から最後までポールの演奏の様子がここまではっきりと映し出されたものはそれほど、いやほとんどないように思う。実は僕自身これまではっきり意識したことはなかったのだが、今回紹介した映像はそういった意味で衝撃的でさえあった。そういえば20世紀最高の音楽家ポール・マッカートニーのステージにおける演奏面に焦点を当てた映像作品がこれまでただの一つもなかったというのは同時代を生きる我々にとってはある意味屈辱的な事でさえある。なぜなら彼が生み出した前人未到の芸術は、後世の人々の為に余すことなく、細部に至るまで伝えられなくてはならないと思うからだ。僕がポールの側近ならば、演奏時の指の動きだけを記録した映像を一本だけでもいいから撮らせてくださいと言うだろう(笑)。残念ながら僕自身は楽器の演奏にはほとんど縁のない生活を送ってきたがために想像で物を言うしかないのだが、こういった映像は、これからベースやギターを習おうとする人たちにとっても非常に参考になるのではないだろうか。

単に技術的な側面だけを取り上げるなら、ポール以降に彼を超えるようなベースプレーヤーはたくさん生まれたかもしれない。だが、歌いながらベースを弾くミュージシャンという観点から見れば、ポールは今日でも世界でも指折りのプレーヤーである(少なくとも僕はそう信じている)。

ビートルズのデビューアルバム『プリーズ・プリーズ・ミー』に収録された『アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア』。今から考えればまともな機材がなかったロックの黎明期に、ほとんどライヴ録音でとられたこの曲において、ポールは既に完成されたベースラインとテクニックを披露している(もちろん歌いながらである)。このとき、ポールはまだ20才にすらなっていなかった。
ビートルズを聴き始めてから今まで、いったいこんなすごいベースラインをどうやったら歌いながら弾けるのだろうかと思い続けてきた。僕ならばこの曲ただ1曲だけを弾き語りできるようになるまでに一生はかかるだろう(笑)。

だが今回の映像を見ると、ポールはあっけないほどあっさりと歌いながらこの曲を弾きこなしている。指の動きがとても柔らかく、シロウト目には本当に弦を押さえているのか?とさえ思わせるほどだ。彼の指の動きは流麗で、ただ美しく、優雅である。その演奏とヴォーカルは、もうほとんど無努力ではないかと思えるほどに、力みがなく自然に見える。72才にしてこの実力、この境地。達人とはこのような人の事を言うのだろう。見よ、これがポール・マッカートニーの芸術だ。

参考:『プリーズ・プリーズ・ミー』(CD 海外盤)

関連記事