FC2ブログ

ポール・マッカートニー:偉大なる50年の軌跡  その21『ポールのゲスト作品 ⑤』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » 特集記事 » ポール・マッカートニー:偉大なる50年の軌跡  その21『ポールのゲスト作品 ⑤』

ポール・マッカートニー:偉大なる50年の軌跡  その21『ポールのゲスト作品 ⑤』

なんと1年3か月ぶりの特集記事である。

本記事『ポールのゲスト作品』で取り上げる対象作品については過去記事を参照いただきたい。
偉大なる50年の軌跡  その15『ポールのゲスト作品 プロローグ』

第5回目の今日は、1980年~1982年にポールがゲスト参加した作品を紹介する。

1980年
(アーティスト)デニー・レイン
(曲名)『センド・ミー・ザ・ハート(Send Me The Heart)』『愛の嘆き(Weep For Love)』『アイ・ウッド・オンリー・スマイル(I Would Only Smile)』
(収録アルバム)『ジャパニーズ・ティアーズ(Japanese Tears)』
(参加形態)ベース、パーカッション、ギター、キーボード、コーラス

1980年12月に発売されたデニー・レインのソロ・アルバム『ジャパニーズ・ティアーズ』にポールは『センド・ミー・ザ・ハート(Send Me The Heart)』『愛の嘆き(Weep For Love)』『アイ・ウッド・オンリー・スマイル(I Would Only Smile)』の3曲で参加している。ポールはベース、パーカッション、ギター、キーボード、コーラスで参加している。また『センド・ミー・ザ・ハート』は曲もデニーとの共作である。

演奏は基本的にデニー・レイン・バンドによるものだが、ポール以外にも歴代ウイングスのメンバーのほぼ全員がなんらかの形で参加している他、『ゴー・ナウ』のリメイクなど聴きどころは多い。個人的には『アイ・ウッド・オンリー・スマイル』は埋もれさせておくにはもったいない曲だと思う(ギターの使い方などがちょっとジョージっぽい)。ポールとの共作『センド・ミー・ザ・ハート』もポールにしては珍しくカントリー風で面白い。

尚、デニー・レインの作品は現在どれも入手が非常に困難である。

参考:アマゾンでデニー・レインの作品を検索


1981年
(アーティスト)ジョージ・ハリスン
(曲名)『過ぎ去りし日々(All Those Years Ago)』
(収録アルバム)『想いは果てなく~母なるイングランド(Somewhere In England)』
(参加形態)コーラス

言わずと知れたジョージによるジョンの追悼曲であり、シングルとしても発売され大ヒットした(米ビルボード誌では最高2位を記録)。この曲の為にリンゴはドラムスで、ポールとリンダはコーラスで参加し、ビートルズ解散以来初めてポール、ジョージ、リンゴの3人が同じ曲で共演したとして発売当時は大変な話題となった。ただレコーディング自体は3人が同時に顔を合わせたというわけではなく、真に3人が再共演を果たすにはさらに1995年の『フリー・アズ・ア・バード(Free As A Bird)』まで待たなくてはならない。

参考:
『過ぎ去りし日々』(アマゾン・デジタルミュージック)
『想いは果てなく~母なるイングランド(Somewhere In England)』(CD 海外盤)


1981年
(アーティスト)リンゴ・スター
(曲名)『Private Property』『Attention』『Sure To Fall』
(収録アルバム)『バラの香りを(Stop And Smell The Roses)』
(参加形態)ベース、ピアノ、コーラス

(アーティスト)リンゴ・スター
(曲名)『You Can't Fight Lightning』(ボーナストラック)
(収録アルバム)『バラの香りを(Stop And Smell The Roses)』
(参加形態)ドラムス

リンゴのソロアルバム『バラの香りを』でポールは合計4曲でゲスト参加している。そのうち『Private Property』『Attention』『Sure To Fall』の3曲はプロデュースもポール自身が担当し、演奏面では他にローレンス・ジューバーがギターで、ハウイ・ケイシーがサキソフォンで参加している。特に『Private Property』と『Attention』は曲自体もポール自身の手になるもので、いずれも完成度はかなり高い。またジョージもシングルカットされた『Rack My Brain』(全米最高38位)を含む2曲で参加するなど非常に豪華で楽しいアルバムとなっている。リンゴのソロ中期の傑作と思われるのだが、CDは現在廃盤状態で入手困難なのが残念だ。今後の再発を待ちたい。

参考:『バラの香りを(Stop And Smell The Roses)』(CD 海外盤)


1982年
(アーティスト)ローレンス・ジューバー
(曲名)『Maisie』
(収録アルバム)『Standard Time』
(参加形態)ベース

アルバム『Standard Time』はウイングスのギタリスト、ローレンス・ジューバーのソロ・デビューアルバムで、ポールはこの中の1曲『Maisie』でベースを弾いている。アルバムはわずか6曲入りで、現在は非常に入手困難である。この曲が聴きたければ、今は編集盤の『Naked Solos』というアルバムを買うしか方法がないようだ。尚、ローレンス・ジューバーはウイングス解散後、フィンガースタイル(指弾き)ギターの名手として各方面から高い評価を得ているようだ。

参考:『Naked Solos』(CD2枚組 海外盤)


1982年
(アーティスト)マイケル・ジャクソン
(曲名)『ガール・イズ・マイン(The Girl Is Mine)』
(収録アルバム)『スリラー(Thriller)』
(参加形態)ヴォーカル(デュエット)

マイケル・ジャクソンとの初のデュエット曲として世界中で大反響を呼び、全米2位まで上昇した大ヒットシングル。曲はマイケル単独の作品だが、この曲で見せるポールの甘い歌声は冴えに冴え渡っており、彼の感性にピタリとはまったことがうかがえる。発売から早や30年以上が経過してしまったが、ポールのファンならば1度は聴いておくべき作品だ。

参考:スリラー25周年記念盤 (CD/DVD 海外盤)

関連記事