FC2ブログ

ポールの曲:『マスト・ドゥ・サムシング(Must Do Something About It)』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールの曲 » ポールの曲:『マスト・ドゥ・サムシング(Must Do Something About It)』

ポールの曲:『マスト・ドゥ・サムシング(Must Do Something About It)』

『スピード・オブ・サウンド』はポールが全11曲中わずか6曲しかリードヴォーカルを取っていない悪名高き?アルバムとしても知られている(笑)。ポールのアルバムを買う人たちは、他でもないポールの声を聴きたいからこそアルバムを買うのである。なのにこのアルバムに限ってはポールが歌っている曲は約半分しかないというわけなのだ。もちろんこんなアルバムは他にはないし、そういう意味ではこのアルバムは極めて特異な作品という言い方もできるだろう。

さて『マスト・ドゥ・サムシング』である。
この曲はなんとドラマーのジョー・イングリッシュがヴォーカルを取っている。いや取っているというよりは、取らされていると言ったほうがいいだろう。なぜなら、この曲はジョー・イングリッシュの自作曲でさえなく、純然たるマッカートニーの作品だからだ。言うなればポールはこの曲をジョーに「あげた」のである。それはまるでビートルズ時代にリンゴがアルバムの中の1曲を「ドラマー枠」として割り当てられたのに似ている。おかげでジョー・イングリッシュはポール・マッカートニーのオリジナル作品を歌い、公式にレコードとして発表するという栄誉に浴した数少ないアーティストの一人となったわけだ。これだけでもすごい事だ。God bless Joe !

ジョー・イングリッシュがウイングス在籍時以外にヴォーカリストとしていったいどれほどの実績を残したのか…僕は全く知らないのだが、少なくとも一般的には彼はほぼ無名のドラマー、ミュージシャンであった。そんな彼が世界最高の作曲家ポールから曲を託され、しかもそれが思いのほか成功してしまったというのだから世の中何が起こるかわからない。

ともかくこの曲で聴かせるジョーのヴォーカルは素人離れした堂々としたものである。その出来は単なる「割り当て」の域を超えて十分に及第点といえるのではなかろうか。それに、彼の張りのある明るい声もこの曲にとてもマッチしていると思う。そんなわけで、ポール自身が歌っていないにもかかわらず僕はずっとこの曲が好きだったのである。『心のラヴソング』と『幸せのノック』は別格なので脇に置いておくとしても、『マスト・ドゥ・サムシング』はそれ以外のどの曲にも負けていないと僕はずっと思ってきた。そしてポールがヴォーカルを取っていない5曲のうちではデニーやジミーさえをも抑えてこの曲が一番ではないかと思ったりもするくらいなのだ。

今回めでたく『スピード・オブ・サウンド』のアーカイヴ・シリーズがリリースされるにあたり、ボーナスディスクにはいよいよポール自身が歌う『マスト・ドゥ・サムシング』のデモヴァージョンが収録されるという。もしこのデモが僕が以前に聴いたものと同じであるならば、ポールのヴォーカルはかなり抑え気味で、単にメロディの流れを確認するような類いのものであったと記憶している。いい曲なのでポール版の完全ヴァージョンも存在していてほしかったのだが、どうやらそれはなさそうな気配である。

2作同時発売となる今回のアーカイヴリリースだが、個人的にはボーナスディスクの点で『スピード・オブ・サウンド』がやや見劣りするように思われるのが少々残念である。サウンド的にも『スピード・オブ・サウンド』はポールのプロデュース作にしては元々完成度が高いと思っているので、『ヴィーナス・アンド・マース』ほどの驚きはないかもしれない。よって総合的にみてお買い得度は『ヴィーナス・アンド・マース』>『スピード・オブ・サウンド』となるだろう。また日本盤の発売日は10月1日に延期となったので、併せて確認しておきたい。

『ヴィーナス・アンド・マース』ボックスセット 日本盤
アマゾン
楽天ブックス
HMVicon

『ヴィーナス・アンド・マース』ボックスセット 海外盤
アマゾン 8/17現在未掲載
楽天ブックス 8/17現在未掲載
HMVicon 

『スピード・オブ・サウンド』ボックスセット 日本盤
アマゾン
楽天ブックス
HMVicon

『スピード・オブ・サウンド』ボックスセット 海外盤
アマゾン 8/17現在未掲載
楽天ブックス 8/17現在未掲載
HMVicon

関連記事