FC2ブログ

ポールの曲:『ラヴ・イン・ソング(Love In Song)』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールの曲 » ポールの曲:『ラヴ・イン・ソング(Love In Song)』

ポールの曲:『ラヴ・イン・ソング(Love In Song)』

『ヴィーナス・アンド・マース』アーカイヴ・コレクションのリリース(9月24日)を記念して、まずはこの曲を取り上げてみたい。

『ヴィーナス・アンド・マース~ロック・ショウ』というポールのキャリア史上稀に見る豪華絢爛なアルバムオープナーを引き継ぎ、極めてゆっくりと立ち上がるのがこの曲『ラヴ・イン・ソング』である(邦題『歌に愛を込めて』)。

アルバムの体裁上は『ヴィーナス・アンド・マース~ロック・ショウ』はメドレー、『ラヴ・イン・ソング』はそれに続く独立した曲となっているが、アルバムを通しで聴くと実際は『ヴィーナス・アンド・マース~ロック・ショウ~ラヴ・イン・ソング』の3曲メドレーと言ってもいいほどの構成となっている(これがヘッドフォンで聴くとなかなか気持ちがよい)。というのも『ロック・ショウ』のフェイドアウトと『ラヴ・イン・ソング』のフェイドインがほとんど切れ目なくつながっているからだ。そして冒頭のこれら3曲を聴くだけで、僕は普通のアルバム1枚分を聴いたぐらいの気持ちになってしまう。それぐらい密度の濃いオープニングメドレーであると思う。

そもそもフェイドインで始まる曲というのがポールにしては非常に珍しい部類に入るのだが、加えてこれほどスローな立ち上がりの曲というのも他にあったかといえばすぐには思いつかないほどである。だから10代で初めてこの曲を聴いたときには、なんとなく間延びした退屈な曲にしか思えなかったものだ。だが比較的早めに現われるサビのメロディーの素晴らしさと、このアルバム独特の派手な音色、アレンジがこの曲を全く特別なものにしている。名曲揃いのこのアルバムの中でも僕は『ロック・ショウ』『あの娘におせっかい』に次いでこの曲が好きなのだ。

アルバム『ヴィーナス・アンド・マース』の音色はポールのどのアルバムとも違っている。かつて『サージェント・ペパーズ』がビートルズのどのアルバムの音とも違っていたように、『ヴィーナス・アンド・マース』ではギターやキーボードの音がまるで魔法にでもかかったようにキラキラと輝いて聴こえるのだ。それはほとんど視覚にまで訴えかけてくるほどで、『ラヴ・イン・ソング』はそういった意味でもこのアルバムの代表格といえると思う。

ポール自身によりプロデュースされたこのアルバムは、その前後のアルバムに比べて音のバランスが少々悪いというのが昔からの僕の評価である。これがリマスター化により、きっちりとまとまった音になって蘇ってきたら果たしてどうなるのか。これがリマスター盤『ヴィーナス・アンド・マース』に僕が最も期待するところでもある。過去のリマスター盤の出来ばえから予想すると、『ヴィーナス・アンド・マース』はおそらく今までで最も驚きに満ちたリリースとなるだろう。アルバム自体の評価さえも一変させてしまうほどに。

そもそもこれだけ質の高いアルバムがそれに見合うだけの評価がなされてこなかった事自体が不思議なのである。ローリングストーン誌は★3つ半、オールミュージック(Allmusic)は★3つ(いずれも満点は★5つ)。ちゃんと聴いているのか?まあよい。それらの評価が正しくなかったことはいずれ歴史が証明することだろう。そして今回のリリースが再評価の一つのきっかけになることはまちがいない。ちょうど『ラム』の時がそうであったように。

『ヴィーナス・アンド・マース』ボックスセット 日本盤
アマゾン
楽天ブックス
HMVicon

『ヴィーナス・アンド・マース』ボックスセット 海外盤
アマゾン 8/12現在未掲載
楽天ブックス 8/12現在未掲載
HMVicon 

『スピード・オブ・サウンド』ボックスセット 日本盤
アマゾン
楽天ブックス
HMVicon

『スピード・オブ・サウンド』ボックスセット 海外盤
アマゾン 8/12現在未掲載
楽天ブックス 8/12現在未掲載
HMVicon

関連記事