FC2ブログ

僕の好きな曲:『呪われた夜(One Of These Nights)』 by イーグルス - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » 僕の好きな曲 » 僕の好きな曲:『呪われた夜(One Of These Nights)』 by イーグルス

僕の好きな曲:『呪われた夜(One Of These Nights)』 by イーグルス

アルバム『呪われた夜(One Of These Nights)』のタイトルトラック。1975年発売。
全盛期のイーグルスの録音は最高である。その頂点に位置するのはやはりアルバム『ホテル・カリフォルニア』であろうが、その前のアルバム『呪われた夜』においてイーグルスは既に「完璧な」大人のロックサウンドを完成させていた。その代表格ともいえる曲がタイトル曲の『呪われた夜』である。

イントロから現われるうねるようなベースと、質感たっぷりのドラム音。この出だしのほんの数秒間だけで、この曲がただならぬ曲であることを実感させる。続いて印象的なオープニングギター。そこにドン・ヘンリーの渋いヴォーカルが乗っかってくる。左右のチャンネルに慎重に配された各楽器とヴォーカルのアンサンブルには寸分の狂いもない。まったく息を飲むほどに見事なサウンドである。

音に情念、欲望、セクシュアリティさえをも感じさせるこの独特の空気感、そして異常とさえもいえる録音クオリティの高さは、古今東西イーグルスのみが到達したロック史上稀にみる偉業の一つであると僕は思っている。

と、ここまで大絶賛しておきながら、実は僕はポールやビートルズほどのイーグルスファンではない(笑)。僕が本当に好きなイーグルスは『ホテル・カリフォルニア』の全曲と、『呪われた夜』『ロング・ラン』の半分ほど、そしてそれ以外はほんの数曲にすぎないのである。初期のアルバムなどはほぼ全く入ってこないから中途半端なファンなのだ。

だが同じグループでありながら、そこまで僕に音の違いを意識させてしまう原因というのはいったいどこにあるのだろうか?不思議に思って調べてみたところ、どうやらそれはプロデューサーにひとつの鍵があるらしいことがわかった。デビューから3作目までのプロデューサーがグリン・ジョンズ、そして4作目の『呪われた夜』から『ヘル・フリーゼズ・オーヴァー』までのプロデューサーがビル・シムジクとなっているのだ(3作目の『オン・ザ・ボーダー』はグリン・ジョンズとビル・シムジクの共同プロデュース)。

ビル・シムジク。恥ずかしながら僕は聞いたこともなかった。ネットで検索してみても、日本語では驚くほど情報はわずかである。もちろんイーグルスの熱烈なファンであれば当然知っているのだろうが、あのイーグルスの黄金時代を築き上げたほどの名プロデューサーが(少なくとも日本では)十分に認知されていないというのはとても意外であった。

ともかく彼がアルバム『呪われた夜』から単独でプロデュースを手がけたことが作品の完成度に決定的な変化をもたらしたことだけは明白である。そのサウンドはまさにマジック。ビル・シムジク・・・もっともっと評価されてしかるべきプロデューサーだと思う。彼がイーグルス以外にはほんの数えるほどしかプロデュース作品を残していないのはとても残念に思える。ちなみに彼は1990年代以降音楽界からの引退を表明しているとのことだ。

話が横道に逸れてしまったが、『呪われた夜』に話を戻そう。この曲はアルバムのファーストシングルとして発売され、全米1位を獲得した。しかし驚くべきは、この曲に全くコマーシャルな感じがしないことである。どちらかというと玄人受けしそうな曲なのに、大衆にすり寄ることなくそれでも1位に輝いてしまったのだから、これは本当にすごい事だと思わすにいられない。

個人的にビートルズやポールの楽曲などと比較して興味深い点は、各楽器の音を初めから終わりまで「個別に」追いかけてゆくと面白いというところだろうか。単純に同じ繰り返しはなく、曲の進行と共に微妙な変化やアドリブの妙が楽しめるのだ。まあ、そういった屁理屈は脇に置いたとしても、ただただ純粋にカッコイイ曲である。この曲を含むイーグルスのいくつかの曲を聴くたびに、僕は「真にビートルズを超える可能性があったのはイーグルスぐらいだったのかな」などと本気で考えてしまったりする。それくらいピーク時の彼らはすごかったと思う。

最後にグレン・フライがこの曲について語っている言葉を引用しておこう。
「僕にとって『呪われた夜』は、間違いなくイーグルスが作ったアルバムの中で最も自然で、「痛みを伴わなかった」作品だ。『呪われた夜』から多くの事が変わった。たとえば僕たちはスタジオが好きになったし、この頃からドンと僕の作曲能力は飛躍的に向上した。僕たちは『呪われた夜』で大変身を遂げたんだ。この曲は大きな突破口であり、同時に僕が好きなイーグルスのレコードでもある。もし1曲だけを挙げろと言われたら、僕にとってそれは『ホテル・カリフォルニア』でも、『テイク・イット・イージー』でもない。僕にとってそれは『呪われた夜』なんだ。」

参考:Eagles Studio Albums 1972-1979(6枚組、輸入盤)

関連記事