FC2ブログ

ポールの曲:『ミスター・ベラミー(Mr. Bellamy)』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールの曲 » ポールの曲:『ミスター・ベラミー(Mr. Bellamy)』

ポールの曲:『ミスター・ベラミー(Mr. Bellamy)』

僕にとって『メモリー・オールモスト・フル』(2007年発売)というアルバムには2曲の超特大サプライズがあった。1曲は『オンリー・ママ・ノウズ(Only Mama Knows)』、そしてもう1曲は今回取り上げる曲『ミスター・ベラミー』。

『オンリー・ママ・ノウズ』はウイングス全盛期を彷彿とさせるような、そして本当に久しぶりに胸のすくようなポールらしいロックンロール・チューンであったことから、発売当時はファンの間で大変な話題となったものだ。この曲はしばしば『ジュニアズ・ファーム』と比較され、たちまち人気曲の一つとなった。ポール自身もステージで積極的に取り上げ、今では同アルバムの中では屈指の名曲としてファンの間では認知されていると思う。ポールがちょっと本気になればこれぐらいの曲を書くことはちょろいものだと僕は思ってしまうのだが、ここまで本格的でソリッドなロックナンバーは実は長い間発表されてこなかったのだった。
『オンリー・ママ・ノウズ』については人気曲ゆえにまた時を改めようと思う。

片や『ミスター・ベラミー』はどうか。発売当時ロックファンには変わり種の曲程度にしか受け入れられなかったようだが、驚きと衝撃度という点では個人的には『オンリー・ママ・ノウズ』を遥かに上回ったと記憶している。「ポールはまだこんな曲が書けるのか、そして歌えるのか…」。そしてこれがポールの空恐ろしさだ。世界中に今も存在する時代を揺るがしたロックの大御所たち。しかし、このような曲を21世紀の現代においても独力で生み出せるアーティストというのは世界広しといえどもポール・マッカートニーをおいて他にはない。この曲は僕に言わせればロックとかポップスとかいったカテゴリーを超えた「破格」の曲なのだ。オーバーに聞こえるのを承知で言わせてもらうなら、『ミスター・ベラミー』という曲は音楽が表現しうる最高峰の高みにただ「超然と」存在している。白銀に輝く山頂の彼方から僕らを見下ろしている。ポールが成し遂げたもう一つの偉業…。うまく言葉では言い表せないが、ともかく『ミスター・ベラミー』は僕をそんな崇高な気分にさせてしまう曲なのである。過去をさかのぼってみれば『ユア・マザー・シュッド・ノウ』『マーサ・マイ・ディア』『ワンダーラスト』などと同じレベルに属する「超」名曲である。

CDには楽器のクレジットがないのが残念だが、『ミスター・ベラミー』はホルン(?)のような管楽器で始まり、全編に渡ってピアノとストリングスが非常に効果的に使われている。クラリネットのような音も聞こえる。つまり『エリナー・リグビー』のようなロックとクラシックの融合の流れも汲んでいる曲でもあるわけだ。クラシック界においても少なからぬ実績を残してきたポールにとっては、これくらいは朝めし前なのであろうが、それにしても状況に応じてあらゆる楽器を縦横無尽に使い分けるポールの才能にはただただ頭が下がるばかりだ。

そして驚きのヴォーカル。さすがに全盛期には及ばないとしても、ポールは当時65才。ヴォーカルに関しては常に辛口の僕もここまでやってくれたらさすがに文句のつけようがなかった。完全に降参である。「ポールはあと10年は間違いなく歌える」と当時僕は確信したものだ。つまりスタジオ録音に限ったならば、適切なケアと調子の良い日を選べばポールはまだまだ最高レベルのヴォーカルパフォーマンスを発揮できるということだ。この思いは2014年の現在も変わらない。ポールはオーバーワークさえ控えればまだまだ世界でもトップクラスのヴォーカリストである。

かくして『ミスター・ベラミー』はまるで妖精が森の小道を舞い歩くかのような美しいエンディングで幕を閉じる。この叙情性。この切なさ。しかし悲しくはない。これもまたマッカートニーマジックである。

参考:
メモリー・オールモスト・フル(MP3ダウンロード)
アマゾンで「ポール・マッカートニー」で検索
アマゾンで「Paul McCartney」で検索

関連記事