FC2ブログ

18日の公演も中止 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » 日本公演2014夢日記 » 18日の公演も中止

18日の公演も中止

15:30の開門の時間になっても、列は一向に動かない。「準備が遅れている関係上、開門の時間が遅れております」。スタッフがメガホンで何度も叫んでいる。「ウソつけ」僕は心の中で何度も思っていた。主催者はファンを何と心得ているのか…。

初日の対応については突然の事で仕方がない部分はあったと思う。だが、今日18日の対応はひどすぎた。少なくとも中止の発表は昼までにすべきだった。というよりは、17日の記事にも書いた通り、17日の時点でやはり東京の2公演は延期ではなく中止にするべきだったのだ。だが実際の中止の発表は当日の16:10頃…。ほとんどの人が会場に到着しているか、駅から会場に向かっている途中だった。

ドクターストップがかかるほどの症状が、たったの1日で全快するはずがない。そして僕のようにたとえ「99%ない」と思っていたとしても、正式な発表がない以上チケットを持っている限り会場には行かざるをえないのだ。誰が最終的な判断を下したにせよ、その判断の遅れが多くの人々の貴重な時間とお金をムダにしてしまったことだけは間違いない。僕自身もありもしない公演のためにせっかくの休日がつぶれ、交通費だけでも3000円かかった。発表が早ければそれだけで時間を他の事に使えたし、ムダな出費もせずに済んだのに…。それでも僕は日帰りができるからまだいいほうだ。遠方から来ている人、海外から来ている人、公演のためにホテルを取っている人たちが犠牲にしたものは計り知れない。

つまり最後の最後まで開催にこだわったことが中止決定の判断を遅らせ、結果的に多くのファンに不要な迷惑をかけることになってしまったということだ。ポールも人間だから体調不良は致し方ないし、誰も病気をおしてまで公演をしてほしいとも思っていない。ファンは皆ポールの身体のことを気遣っている。だが問題はその対応のまずさだ。そしてどんな発表がされようとも、僕は主催者発表を信じない。なぜなら冒頭に書いたように、主催者は真実を語るのではなく、都合の悪いことはウソで適当にごまかすからである。

僕はもうポールのライヴには二度と行かない。実はこれは今回の件とは無関係に最初から決めていたことである。これについてはもし気が向けば後日書きたいと思うが、今日のところは今回の一件でその気持ちが強まったとだけ言っておこう。

ポールの一日も早い回復を祈ります。

ハア~しかし疲れた…。僕は帰りにココイチのロースカツカレーの大盛をやけ食いした。

公演中止に関する情報は以下をご覧ください
http://outthere-japantour.com/index.html

関連記事