FC2ブログ

アルバム『NEW』 独断的レビュー その4 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールのアルバム » アルバム『NEW』 独断的レビュー その4

アルバム『NEW』 独断的レビュー その4

『エヴリバディ・アウト・ゼアー』(マッカートニー)
プロデュース:ジャイルズ・マーティン
ポール・マッカートニー:ヴォーカル、ベース、ギター、キーボード、ピアノ、メロトロン
ラスティ・アンダーソン:ギター
ブライアン・レイ:ギター
エイブ・ラボリエル・Jr:ドラムス
トビー・ピットマン:プログラミング、キーボード
ジャイルズ・マーティン:足踏み
マッカートニー・ファミリー:コーラス
キャシー・トンプソン:ヴァイオリン
ローラ・メルーイッシュ:ヴァイオリン
パトリック・キエルナン:ヴァイオリン
ニーナ・フォスター:ヴァイオリン
ピーター・レイル:ヴィオラ
レイチャル・ロブソン:ヴィオラ
キャロライン・デール:チェロ
キャサリン・ジェンキンソン:チェロ
クリス・ワーシー:チェロ
リチャード・プライス:ベース
スティーヴ・マクマナス:ベース
エリザ・マーシャル:アルト・フルート
アンナ・ノアケス:アルト・フルート

『セイヴ・アス』『クイーニー・アイ』『エヴリバディ・アウト・ゼア』の3曲(『ニュー』も入れると4曲)はいわゆる「聴衆参加型」の曲で、ライヴで非常な威力を発揮する。僕は日本公演で聴いたこれら4曲の衝撃と感動を今も忘れることができない。その大きな理由の一つはこれらの曲が演者と聴衆との間に強い一体感を生み出すからだろうと思う。特に『エヴリバディ・アウト・ゼア』は「ポールが問いかけ、聴衆が答える」という典型的なスタイルで、これまでのポールの曲にはほとんどなかったタイプの作品でもある。僕は”Everybody out there!””Oh-Oh-Oh-Oh”の掛け合いをポールとこのまま永遠に続けていたいとさえ思ったほどだ(気持ちよかったなぁ~)。ビートルズの名だたる名曲群の中にあって、リリースから日の浅い『エヴリバディ・アウト・ゼア』のような曲がライヴで強い印象を残したことの意味はとてつもなく大きい。なぜなら『フラワーズ・イン・ザ・ダート』の時も、『オフ・ザ・グラウンド』の時も、僕の記憶では新曲は明らかに他の名曲に見劣りしたからである。すなわち『NEW』は本当のホンモノの名盤なのだ。

演奏者のクレジットを見ていて特に気が付いたのは、エイブのドラムスである。バンド加入当時はライヴではやたらぶっ叩いているだけという印象の強かった彼のドラミングだが、この曲ではしっかりと抑制のきいた演奏を披露している。以前(といっても10年ほども前の話だが)は時に僕の癇にさわった彼のドラミングだが、日本公演では全く気にならなかったから彼も時と共にポールから多くを学んだのだな、などと個人的には思ったしだい。プロデュースはジャイルズ。

『ホザンナ』(マッカートニー)
プロデュース:イーサン・ジョンズ
ポール・マッカートニー:ヴォーカル、ギター、ベース、ドラムス、テープ・ループ
イーサン・ジョンズ:iPad用タンボラ・アプリ

ほぼ完全にポールの自作・自演曲だが完成度は非常に高い。このような曲を聴くと、やはりポールは一人で十分だ、などと僕などは思ってしまう。従来のポールのイメージをかなりくつがえすような陰性のバラードであり、正直最初はわけがわからなかったのだが、聴けば聴くほどに僕はこの曲が持つ魅力に引き込まれていってしまった。『ホザンナ』や『ロード』、さらにはボーナス曲の『ストラグル』『スケアド』などはアルバムのいわば陰の部分を受け持っている。『NEW』が名盤と呼ぶにふさわしいことの理由の一つは、陰と陽がほどよくミックスされ、バランスが取れているということであろう。

それにしてもこういう曲でのポールのギターの使い方は本当にうまい。そしてベースプレイにはニヤリとさせられてしまう。プロデュースはイーサン・ジョンズ。

『アイ・キャン・ベット』(マッカートニー)
プロデュース:ジャイルズ・マーティン
ポール・マッカートニー:ヴォーカル、ギター、ベース、メロトロン、ムーグ、ドラムス、パーカッション、テープ・ループ
ラスティ・アンダーソン:ギター
ウィックス:ハモンド・オルガン
トビー・ピットマン:プログラミング

曲調はポップだが、流されず非常に渋い仕上がりである。「軽くない」「甘くない」「流されない」。『NEW』がポールの多くのアルバムと比べて特に際立っている点であるが、この曲も『レディ・マドンナ』ばりの渋いヴォーカルをメインに最後まで隙のない歌と演奏を聴かせてくれる。ポールはまだこんな歌い方ができるのだ。個人的には文句なしの10点満点。単純にカッコいい曲である。プロデュースはジャイルズ。

『ルッキング・アット・ハー』(マッカートニー)
プロデュース:ジャイルズ・マーティン
ポール・マッカートニー:ヴォーカル、ギター、ベース、メロトロン、ムーグ、ドラムス、パーカッション、
ラスティ・アンダーソン:ギター
トビー・ピットマン:プログラミング、キーボード

『NEW』のオフィシャル・リリースは全12曲。今回僕がただ1曲だけボーナス曲と差し替えてもらいたかったな、と思ったのがこの曲である。もし僕に選曲の決定権があったとしたら、僕は迷うことなくこの曲をボーナス曲の『ターンド・アウト』と入れ替えただろうと思う。だがこれはポールのアルバムにはほぼ毎回のように起こることで、ファンとしてはそれほど大騒ぎするほどのことではない。この曲もプロデュースはジャイルズ。

『ロード』(ポール・マッカートニー&ポール・エプワース)
プロデュース:ポール・エプワース
ポール・マッカートニー:ヴォーカル、ピアノ、キーボード、チェレスタ、パーカッション
ポール・エプワース:ドラムス

アルバムの最後を飾るのはエプワースとの共作『ロード』。僕はこのアルバムの曲がすべて好きだが、一番すごいのはこの曲だと思う。ピンと張りつめた緊張感、妥協を許さぬ音作り、ベースの豊かな音色などはまさしく後期のビートルズを思わせる。名盤『NEW』を締めくくるにふさわしい最高の曲だ。

ポールとエプワースのコンビは、とりあえず現時点では地上最強のソングライター&音楽クリエイターのチームと断言しておこう。そして僕は彼らの共作活動が今後もなんらかの形で続いてゆくことを強く希望している。エプワースは疑いなくジョン・レノン以降にポールが出会った共作者の中で最もクリエイティブなアーティストである。彼らが本気で創作活動を始めたらいったいどうなるのか?きっとさらにすごい事が待っているだろう。が、しかし僕たちファンは多くを望むべきではない。というのもポールは常にベストを尽くしているからだ。それよりも重要なことは、ポールが『ロード』のようなすばらしい曲を発表してくれた、という事実である。これは歴史に刻まれ、永遠に語り継がれてゆくことだろう。

『ロード』、2013年を締めくくるにふさわしい曲だ。
“Heading for the light”
 光を目指して…

今年もありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。(Macca Go Go Go!管理人)

関連記事