FC2ブログ

ポールが残してくれたもの - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » 日本公演2013夢日記 » ポールが残してくれたもの

ポールが残してくれたもの

まずはこれ・・・永久保存版



上の来日時の映像はポールの公式サイトにアップされたものと全く同じであるが、やはり個人的にも今回ライヴが見れた記念として繰り返し見たいと思ったのでこうして残しておくことにした。特にポールが空港内で待ち受ける大勢のファンの前に現われる瞬間というのは、ポール・マッカートニーという人のまばゆいばかりのスター性がわずか数秒で確認できる大変貴重な映像記録だと思う。一瞬でその場をパッと明るくしてしまうオーラ、一つ一つのジェスチャーがいちいち絵になる男。誰かが言っていたが、たしかにあの雰囲気は長嶋茂雄さんに相通ずるものがあると思う。まさにスターの中のスター、スターが憧れるスター、それがポール・マッカートニーその人である。

さて今回の日本公演でポールが残してくれたもの…。それはもちろん6回の素晴らしい公演であり、言葉にできぬ大きな感動であったわけだが、実は個人的にも非常に大きなインパクトがあったので、それを読者と共に分かち合い、記録に残しておきたいと思う。

今回の日本公演を通して僕がポールから改めて学ばせてもらったこと、それは他でもないポール自身の「生き方」そのものを通してである。それを言葉にするのは難しいのだが、なんとかがんばってみよう。

71才になっても尚現役バリバリで3時間近いステージを楽々とこなすポールの姿は、今年50才になった僕に初めてと言っていいほどの大きな危機感を感じさせた。つまり「お前は今のままでいいのか?」と…。

自問自答した結果の答えは…、お恥ずかしい限りだが「いや、今のままじゃ全然ダメだ」だった。簡単にいえば僕は常に自分を甘やかし、「もうトシなのでダメだ」とか「いまさら何を努力するんだ?」とか、勝手に自分自身の限界を設定してしまっていたのだった。僕は「自分のなりたい自分」にはなっていなかった。そして、いつの間にかそれを既成事実として受け入れてしまっていたのだった。ポールのおかげで僕は恐るべき現実に気づいてしまったのだ(笑)。

ポールの来日が近づくにつれ、僕の心の中に少しずつ変化が訪れた。一つの大きな変化は「節制」だった。結果として公演当日までに僕は今回約5キロの減量に成功した。これまで何度やっても途中で挫折していたのに、ポールの来日がきっかけになって僕は減量を成功させたのだった。これは今現在も継続中である。

そして今回実際に彼のライヴを見て、さらに大きな衝撃が僕を襲った。現実のポールは驚くほどスリムで、若々しく、エネルギッシュで、セクシーで、かっこよかった。ロックスターはやはり太っていてはダメだ。彼は「なりたい自分」になっていた。口先だけではなく、彼は自らの身をもって自分の人生でそれを証明していた。そう、他でもない彼の生きざまがそれを証明していたのである。

僕は今絶対的な確信を持って言えるが、ポールはきっと自分自身で自らの限界をまったく設定しない生き方をしてきた人に違いない。ビートルズ・ミュージックは奇跡だった。あらゆる既成概念を超えてそれは生まれた。ポール(そしてジョン)が人間の限界というものを一瞬でも考えたとしたら、それはけっして生まれなかったろう。
さらに「たった1人でのレコーディング」「妻をバンドに迎えること」「菜食主義と農園生活」「ウイングスの結成(&成功)」「クラシックやバレエ音楽への挑戦」「50年以上にも渡るアルバム制作とツアーの継続」等々…。それらもまた、もし自分に限界というものを設定していたら実現は不可能であったにちがいない。

やはり人間はだらけていてはダメだし、死ぬまで諦めてはいけないのだ。死ぬまで遊んで暮らせるポールのような人が一般人以上に働き続けている(彼には働くという言葉さえ似合わないが)。ここに大きな秘密、カギがある。

「なあに、そんなの当たり前のことじゃないか」と多くの人は笑うかもしれない。だが自分に関する限り、(お恥ずかしい話だが)僕はいつの間にか何かを諦め、努力することもやめ、自分に限界を設定してしまっていたのだった。はからずもその事に気づいた、もしくは今回の来日を機にポールに気づかせてもらったのである。今回の来日でポールが残してくれたもの。僕にとってそれは「自分自身に限界を設けるな」ということである。人間に限界などないのだ。少なくともそう考えて生きるほうが健全だし、楽しいではないかと。

そんなわけで、僕はポールを見るのはこれで最後にするとか、もうポールは日本には来ないだろうとか、『NEW』を超えるアルバムをポールはもう作れないだろう、とかいった類いの発言はもうしないことにした。それはポールの生き方に反するし、実際そんなことは誰にもわからないからである。ポールが『NEW』の中で歌っているように、「人は何でもできるし、それを自分で選べる」のだ。

参考:
アルバム『ニュー(NEW)』(日本盤SHM-CD仕様)
オン・エア~ライヴ・アット・ザ・BBC Vol.2 (日本盤)
ライヴ・アット・ザ・BBC(再発、日本盤)
ライヴ・アット・ザ・BBC ~ ザ・コレクション (生産限定盤) ※Vol.1と2のセット

チケットぴあ エリック・クラプトン日本公演2014
icon
チケットぴあ TOTO日本公演2014icon


関連記事