FC2ブログ

11月だ!ポールがやってくる! - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » 日本公演2013夢日記 » 11月だ!ポールがやってくる!

11月だ!ポールがやってくる!

Hey, everybody out there! Are you ready?

さあ、みんな!準備はいいかい?

2013年11月11日ポール・マッカートニー日本公演初日まであと11日。この日が永遠にやって来ない未来のように感じていたのは果たして僕だけだったろうか?いいや、そんなことはあるまい。ファンならば皆同じように感じていたはずである。しかし、そんな僕たちの心配をよそに月日はあっという間に流れ去り、公演までいよいよカウントダウンというところまできた。やったぜベイビー!(古)

ポールが近年稀にみるすばらしいアルバムを発表し、ワールドツアー再開の地として我が国日本を選んでくれたのはけっして偶然ではないと思う。とにかく我々が考える以上にポールは日本と深い縁があるとしか言いようがないのである。大げさかもしれないが、僕は日本に生まれたことを単純に嬉しく思い、日本人であることを誇りに思う。そしてこの思いは年を重ねるごとに強くなっている。

さて、今回の日本公演はおそらくこれまでで最高レベルのパフォーマンスが期待できるだろう。

理由その1:十分な休養と準備期間があった。
『アウト・ゼア・ツアー』は8月14日をもって一時中断された。その後ポールと彼のバンドは休暇に入り、10月からはニューアルバムの発売とプロモーション活動を精力的に行なってきた。この間約3か月。ポールは30分から1時間程度のステージをいくつかこなしたものの、フルコンサートは1度もなし。つまり十分な休養を取っているというわけで、近年ファンの間で最も心配されている声の調子についてはベストの状態に限りなく近いということができる。僕自身ポールのライヴの出来は当日の声の調子で9割方決まると思っているので、今回はポール本来のステージ・パフォーマンスが体験できる数少ないチャンスだと本気で思っている。それぐらい今回の日本公演は貴重だし価値がある。まさにプラチナチケット。奇跡的に多くの幸運が重なった2013年日本公演はきっと永い間ファンの記憶に残ることだろう。

理由その2:ポール・マッカートニー・バンドの成熟
ポールは過去10年以上バンドのメンバーチェンジを1度も行なっていない。その結果、バンドとしての結束の固さ、曲の再現力、そして演奏の安定感はポールのソロ史上最高・最強と言い切っていいほどの成長を遂げた。日本公演でもまさに盤石のサポートメンバーによる究極の演奏が聴けることになるだろう。

理由その3:ニューアルバムの成功
すでにポールはアルバム『NEW』から『セイヴ・アス』『クイーニー・アイ』『エヴリバディ・アウト・ゼア』『ニュー』の4曲をライブで披露しているが、そのどれもが非常に好評である。過去の日本公演では意外なほど新曲が盛り上がらなかっただけに、今回は新曲に力があるのが大きなプラス要因だ。日本公演ではさらに1、2曲追加される可能性もあるだろう。『エヴリバディ・アウト・ゼア』では「オオオオ!」を皆で叫ぼう!ドームを揺らすほどに。

参考:
アルバム『ニュー(NEW)』(日本盤SHM-CD仕様)
アルバム『ニュー(NEW)』(海外盤CD) ※通常盤
アルバム『ニュー(NEW)』(海外盤CD)※デラックス・エディション
アルバム『ニュー(NEW)』(海外盤アナログ)
アルバム『ニュー(NEW)』 iTunesストア

チケットぴあ ポール・マッカートニー日本公演2013
icon
東京ドーム周辺のホテル
icon


関連記事