FC2ブログ

凡人にはわからん世界じゃ~ - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » 日本公演2013夢日記 » 凡人にはわからん世界じゃ~

凡人にはわからん世界じゃ~

今回のポールのニューアルバムには本当にやられた。完全に降参である。アルバムについてなんとか語ろうとするが言葉が出てこない。天才の作品を凡人が批評し、レビューを書くなんてまったく馬鹿げている、と心から思わせるほどの圧倒的なパワー。自分の凡人性をいやというほどわからせてくれるアルバム(笑)。それがポール・マッカートニー奇跡の新作NEWである。

ポールを全く知らない人にこのアルバムを聴かせたなら、これが71才が作った作品だと信じられるだろうか?いいや、信じられるはずがない。僕たちはずっとずっとポールを知っているから、これぐらいのアルバムは彼ならば作っても不思議はないと思う。だが、実のところこれは歴史上前例のない事件なのである。NEWは70代のアーティストが作った史上最高、最強のアルバムになるだろう。そして、おそらく誰もこのアルバムを超えることはできないであろう。またしても前人未到の領域へ…。まったくなんという幸運だろうか。僕たちは歴史的瞬間の目撃者なのである。

前回の記事で僕は「ビートルズのポールが帰ってきた」と書いたが、誤解のないように付け加えておきたい。それは別に1960年代のポールが帰ってきたという意味ではない。僕はただビートルズ時代の妥協を許さぬプロフェッショナルな精神と冒険心、そして揺るぎなき大きな自信がポールに舞い戻ってきたと言いたかっただけである。論より証拠。それは何よりもこのアルバムのサウンドを聴けば明らかである。これぐらいの作品はポールならばいつだって作れたはず。なのに、なぜかこれまで作れなかった作品、それがNEWというアルバムともいえる。

本当は脂の乗り切った1970年代から1980年代にかけてこんなアルバムを1枚か2枚出してくれていたなら、世間のポールに対する評価もかなり違ったものになっていたのにな、などと一人ブツクサ考えてみたりする。簡単にいえば、ポールは最も勢いのあった時期になぜかポップで、商業的で、軽い路線を歩んでしまったのであった。僕はそれが完全に意図的なものであったとは思わないし、ポールが真に望んでいた方向性だとも思わない。またすべての作品が軽かったというとけっしてそうではない。しかし、ともかく世間一般が見るポール・マッカートニーの音楽というのは全体としてなんとなくそういう方向に進んでしまったというのは事実である。

なぜかポールは伝家の宝刀を抜かなかったのである。今この時まで…。

僕に関していえば、ポールの晩年の最高傑作は『ケイオス・アンド・クリエーション・イン・ザ・バックヤード』と勝手に決めつけているところがあった。ポールはそのあとも『メモリー・オールモスト・フル』、『エレクトリック・アーギュメンツ』という傑作を続けざまに発表したが、それでも全体としてはこれから先は年齢と共にジリ貧なのではないか、と心のどこかでは思っていたのである。『キス・オン・ザ・ボトム』もなんだかお茶を濁しているようで、個人的にはバンザイともろ手を挙げて喜べないところがあった。

だから僕はただポールがこの年になってもオリジナル楽曲で占められたニューアルバムを発表してくれるという、ただその事実だけで嬉しかったし完全に満足していた。はっきり言って内容は二の次だったのだ。もちろんファンとしていろんな期待はするし、夢を語ることはある。だが、それらは本心から出た言葉ではなかったのである。

しかし、僕はポールを見くびっていた。ポールは71才にして『ケイオス』と同等、もしくはそれを上回るほどのピークをいとも簡単に成し遂げてしまったのである。いったいどこまですごいんだこの人は…。珠玉のナンバーがずらりと並んだ最高のアルバムNEW。これぞ21世紀の名盤なり~。

参考:
アルバム『ニュー(NEW)』(日本盤SHM-CD仕様)
アルバム『ニュー(NEW)』(海外盤CD) ※通常盤
アルバム『ニュー(NEW)』(海外盤CD)※デラックス・エディション
アルバム『ニュー(NEW)』(海外盤アナログ)
アルバム『ニュー(NEW)』 iTunesストア

チケットぴあ ポール・マッカートニー日本公演2013
icon
ぴあ Special Issue ポール・マッカートニー 来日記念特別号
東京ドーム周辺のホテル
icon


関連記事