FC2ブログ

祝!NEW発売! - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » 日本公演2013夢日記 » 祝!NEW発売!

祝!NEW発売!

ポールはまた一つ大きな夢を叶えてくれた。

「ポール様、どうか僕が生きている間にもう一枚だけすごいアルバムを…。」NEWはそんな僕の個人的な願いを叶えてくれたアルバムである。昨夜は脳が覚醒して全く眠れなかった。僕はただひたすら何度も何度もアルバムを聴き直していた。聴くたびに新しい発見と驚きがあった。

新たな名作の誕生。これが1位にならないのだとしたら、それはただ世界がどうかしているだけの話…。僕の心は今や一点の曇りもない。ポールはついにビートルズに勝るとも劣らない最高レベルの作品を発表してくれたのだ。おっとあまり結論を急いではいけない。それはわかっている。しかし、それでも僕は興奮を抑えることができない。それほどこのアルバムは衝撃的だからだ。

誤解を恐れずにあえて言うならば「ビートルズのポールが帰ってきた」のである。今さら何を、と言われるかもしれない。しかし僕はそれ以外にこのアルバムの特徴をうまく言い表すことができない。疑いなくこのアルバムはポールのソロ作品のどれとも違っている。それはまるで長い間家を空けていた主人が、突然家に帰ってきたような感覚なのだ。ビートルズ解散からポールが43年間もの間不在だったなどと言えば、それはポールに対しても大変失礼な言い方になってしまうかもしれない。しかし、このアルバムを聴くと、僕個人は「ポールがポールであることを思い出した」という異常なまでに強い印象を持ってしまうのである。

だから敬愛の念を込めて言わせてもらおう。「おかえりなさい、ポール」と…。

あまりにも巨大なビートルズという存在の前に、ポールは自分がその一部であったという事実を心のどこかで否定し続けていたのではあるまいか。つまり深いところで自己との乖離が起こっていたのではないか。だが、何かがきっかけでポールはアイデンティティを取り戻し、「ビートルズのポール」と「現在のポール」は一つになったのではないか。このアルバムを聴いて、僕は勝手にそんな想像をしてしまうのである。

見よ!これが本当のポール・マッカートニーだ!

参考:
アルバム『ニュー(NEW)』(日本盤SHM-CD仕様)
アルバム『ニュー(NEW)』(海外盤CD) ※通常盤
アルバム『ニュー(NEW)』(海外盤CD)※デラックス・エディション
アルバム『ニュー(NEW)』(海外盤アナログ)
アルバム『ニュー(NEW)』 iTunesストア

チケットぴあ ポール・マッカートニー日本公演2013
icon
ぴあ Special Issue ポール・マッカートニー 来日記念特別号
東京ドーム周辺のホテル
icon


関連記事