FC2ブログ

ポール・マッカートニー日本公演2013夢日記 その9 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » 日本公演2013夢日記 » ポール・マッカートニー日本公演2013夢日記 その9

ポール・マッカートニー日本公演2013夢日記 その9

チケットぴあ


過去3回の日本公演をざっとおさらいしてきたので、最後に今年2013年の日本公演がいったいどのようなコンサートになるのかを予想してみたい。

今年の5月4日にスタートした「ポール・マッカートニー・アウト・ゼア・ツアー」は8月14日のカナダ・レジャイナ公演をもっていったん終了した。終了したといっても、「アウト・ゼア・ツアー」という冠名のツアーは今後もまだまだ続く。今のところポールの公式HPには11月に行なわれる日本公演だけしかリストアップされていないが、10月にアメリカ、11月にオーストラリア、そして12月にヨーロッパが追加されるという情報もある。が、しかしともかく同じ冠名のツアーであるから、演奏曲目・曲順にそれほど大きな変化はないと考えるのがまずは妥当ではないかと思う。

そこで、これまでにアウト・ゼア・ツアーで演奏された曲目を調べてみたところ、ツアー初日の5月4日のセットリストと、現時点での最終日である8月14日のセットリストが、曲目・曲順共にほぼ同じであることがわかった。また変更がある場合でも、それは1~2曲のマイナーチェンジあり、基本的な演奏曲目は変わらないことも確認できた。

というわけで、以下に今のところ一番直近に行なわれた8月14日のレジャイナ公演のセットリストを挙げておく。

1. Eight Days A Week*
2. Junior's Farm*
3. All My Loving
4. Listen To What The Man Said*
5. Let Me Roll It
6. Paperback Writer
7. My Valentine*
8. 1985*
9. The Long And Winding Road
10. Maybe I'm Amazed
11. I've Just Seen A Face*
12. We Can Work It Out
13. Another Day*
14. And I Love Her*
15. Blackbird
16. Here Today
17. Your Mother Should Know*
18. Lady Madonna
19. All Together Now*
20. Lovely Rita*
21. Mrs. Vandebilt*
22. Eleanor Rigby
23. Being For The Benefit of Mr. Kite*
24. Something
25. Ob-La-Di, Ob-La-Da*
26. Band On The Run
27. Back In The U.S.S.R.
28. Let It Be
29. Live And Let Die
30. Hey Jude
31. Day Tripper*
32. Hi Hi Hi*
33. Get Back
34. Yesterday
35. Mull Of Kintyre*
36. Helter Skelter*
37. Golden Slumbers/Carry That Weight/The End


もし仮に上記セットリストが日本でもそのまま演奏されたとしたら、日本初披露の曲は17曲もあるということになる(*)。これはけっこう多い。個人的には『ジュニアズ・ファーム』『ミセス・ヴァンデビルト』『1985』『ユア・マザー・シュッド・ノウ』『ハイ・ハイ・ハイ』『あの娘におせっかい』あたりは是非とも生で聴いてみたいと思う。このまま何も変更がなくても十分に魅力的なセットリストだ。個人的にはあと2~3曲サプライズがあればもう言うことなしという感じである。

それといわゆるマッカートニー・クラシックと呼ばれる『イエスタデイ』『ヘイ・ジュード』『レット・イット・ビー』『007死ぬのは奴らだ』『バンド・オン・ザ・ラン』等々の定番ナンバーが他の曲と差し替わるなどということは初めから期待しないほうがよい。それほどのセットリスト大改革は今まで一度も起こった試しがないし、これから先もけっして起こることはないであろう。オールドファンが「もういいかげん飽きた」と言うのもわかるが(笑)、少なくとも全体の1/3くらいはおなじみの定番ナンバーで占められることは覚悟しておきたいところだ。

というわけで、ベースはあくまでも上記セットリストであり、これから約3か月の間にどれだけの変更が加えられるかが焦点となる。問題は本当にニューアルバムが発売されるのかということだが、8月23日現在未だ公式発表はないから、来日前のリリースについては日に日に可能性が低くなっていると言わざるをえない。とはいえ、まだまだ可能性はゼロではないから、引き続き期待を持って見守ってゆきたいと思う。とにかくニューアルバムが完成間近であることだけは間違いないのだから。

もし来日前にニューアルバムが発売になれば、来日公演でその中から5曲前後演奏される可能性がある。そして、その分だけ従来のセットリストから曲が削られるということになるだろう。来日公演で新曲を聴けるほうがいいのか、それとも選りすぐりの曲を聴けるほうがいいのか…。実はこれもなかなか難しいところがある。1990年と1993年のコンサートでは新曲は意外と盛り上がらなかったからである。その理由としては曲自体が弱かったり、ライブ向きではなかったり、あまり浸透していなかったりなどいろいろあるだろうが、そういう事もあることは頭に入れておきたい。ただもちろん『オンリー・ママ・ノウズ』のような成功例もある。

参考:
チケットぴあ ポール・マッカートニー日本公演2013 プリセール&一般発売icon
東京ドーム周辺のホテルicon

今日の注目アイテム:3000円以下のサイクロン式掃除機


関連記事