FC2ブログ

ポール・マッカートニー日本公演2013夢日記 その8 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » 日本公演2013夢日記 » ポール・マッカートニー日本公演2013夢日記 その8

ポール・マッカートニー日本公演2013夢日記 その8

チケットぴあ


過去の日本公演を振り返る:第3回2002年

過去3回の日本公演の中で内容的に最もすばらしかったのが、この2002年に行なわれた『ドライヴィング・ジャパン・ツアー』ではなかったかと僕は勝手に思っている。しかも、僕はこのときのコンサートは生で1度も見ていない(うらめしや~)。実際にライヴに行ってもいないくせになぜそう思うのか?それはのちにテレビでオープニングナンバーの『ハロー・グッドバイ』(東京ドーム収録)がフルコーラスで放映されたからである。それを見た瞬間、僕は「しまった、一生の不覚だ」と思った。このときのポールは過去2回の日本公演のときよりも格段に声がよく出ていると直感したからである。

これまでも何度となく書いてきたとおり、ポールのコンサートの出来の良し悪しは、はっきり言って完全にポール自身の声の調子に依存している。怒られるかもしれないが、それがすべてだと言ってもいいくらいである。だから90年と93年のコンサートは、ポールをついに観れたという感動に120%浸れたものの、ライヴそのものの出来については満足はしていなかったというのが本音だったのである。

しかし、2002年のライヴの出来、いやポールの声の調子は明らかに過去2回の日本公演を上回っていた。「いや、そんな事はないよ」という人がいれば是非教えていただきたいものだ。きっと僕は心底ホッとするだろうから(笑)。だがたしかにこの頃を境に、ポールはライヴで肩の力が抜けた、自然体のパフォーマンスを見せるようになったと思う。ひょっとしたら案外単純に公演の間隔を空けるようになったことが原因なのかもしれないが、ともかく明らかに何かが変わったのである。

ツアー名:Driving Japan Tour
ポール60才
公演回数:東京ドーム3回、大阪ドーム2回の計5回公演
公演日:東京ドーム(11/11、11/13、11/14)、大阪ドーム(11/17、11/18)
チケットS席14000円、A席12000円
セットリスト:全35曲

1. Hello Goodbye*
2. Jet
3. All My Loving
4. Getting Better*
5. Coming Up
6. Let Me Roll It
7. Lonely Road*
8. Driving Rain*
9. Your Loving Flame*
10. Blackbird*
11. Every Night*
12. We Can Work It Out
13. You Never Give Me Your Money/Carry That Weight*
14. The Fool On The Hill
15. Here Today*
16. Something*
17. Eleanor Rigby
18. Here, There And Everywhere
19. Calico Skies(大阪のみ)*
20. Michelle
21. Band On The Run
22. Back In The U.S.S.R
23. Maybe I'm Amazed*
24. Let 'em In
25. My Love
26. She's Leaving Home*
27. Can't Buy Me Love
28. Live And Let Die
29. Let It Be
30. Hey Jude
31. The Long And Winding Road
32. Lady Madonna
33. I Saw Her Standing There
34. Yesterday
35. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band/The End

ビートルズ:21曲
ソロ:14曲(内『ドライヴィング・レイン』より3曲)

全35曲中日本公演で初出の曲は13曲(*)。また大阪公演のみ『カリコ・スカイズ』が追加されたため、東京公演は34曲だった。ポールのセットリストはかなり固定化されているという印象があるが、日本公演に関していえば3回目の来日となる今回でさえ1/3はまったくの初演奏だったというのは少し意外なデータである。

また、過去2回の来日公演と比べて今回最も大きく違っていたのはチケット代である。S席は93年の8000円から14000円に、A席は7000円から12000円にそれぞれ高騰している。チケット代に関してはいろいろな考え方があるだろうが、最終的には個々の人がそのコンサートにそれだけの金を払う価値を認めるかどうか、ということになると思う。要するに他人がなんと言おうとも、自分が本当に行きたければ人は金を払うのである。たとえば僕はAKBのコンサートならアリーナ席3000円でも支払わないが(笑)、ポールならスタンド席でも16500円を払うのだ。ただお金のない学生や、若い人たちにこの金額は本当に気の毒だと思う。

参考:
チケットぴあ ポール・マッカートニー日本公演2013 プリセール&一般発売icon
東京ドーム周辺のホテル
icon


関連記事