FC2ブログ

ポール・マッカートニー日本公演2013夢日記 その6 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » 日本公演2013夢日記 » ポール・マッカートニー日本公演2013夢日記 その6

ポール・マッカートニー日本公演2013夢日記 その6

チケットぴあ


過去の日本公演を振り返る:第1回1990年

せっかくのよい機会なので、過去3回行なわれたポールのソロ来日公演を簡単に振り返っておきたいと思う。第1回目の今日は1990年。涙なくしては語れないソロ初来日公演である。ビートルズ解散から実に20年。ポールはついに日本のファンの前にその雄姿を現わした。ファンにとってその感動と興奮はいくら言葉を尽くしても語りつくせないものがある。「やっとあえたね」。その短いキャッチコピーの中にファンの思いすべてが凝縮されていた。

ツアー名:The Paul McCartney World Tour
ポール48才
公演回数:東京ドームのみ6回公演(3/8は体調不良の為公演中止)
公演日:3/3、3/5、3/7、3/9、3/11、3/13
チケット:S席7000円、A席5000円
セットリスト:
1. Figure of Eight
2. Jet
3. Got to Get You Into My Life
4. Rough Ride
5. Band On The Run
6. We Got Married
7. Let 'em In
8. The Long And Winding Road
9. The Fool On The Hill
10. Sgt Pepper's Lonely Hearts Club Band
11. Good Day Sunshine
12. Can't Buy Me Love
13. Put It There
14. Things We Said Today
15. Eleanor Rigby
16. This One
17. My Brave Face
18. Back In The U.S.S.R.
19. I Saw Her Standing There
20. Coming Up
21. Let It Be
22. Ain't That A Shame
23. Live And Let Die
24. Hey Jude
25. Yesterday
26. Get Back
27. Golden Slumbers/Carry That Weight/The End

ビートルズ:15曲
ソロ:11曲(内『フラワーズ・イン・ザ・ダート』より6曲)
その他:1曲(Ain't That A Shame)

なんといってもソロ初来日であることと、ポールが唯一40代でコンサートを行なった日本公演ということで、記憶にも記録にも残る来日公演である。この頃のライヴは公演間隔がかなり詰まっており、珍しくポールが体調不良によりコンサートを数回キャンセルしている。そのうちの1回が東京公演になってしまったわけだが、オーストラリアとニュージーランドは公演自体が白紙に戻されてしまったから、それでもまだ日本は幸運であった。

このときのポールは声がガラガラで、あまり声がよく出ていなかったという印象を僕は長い間持っていたのだが、『トリッピング・ザ・ライヴ・ファンタスティック』に収録された東京公演のテイクを久しぶりに聴いてみたところ「意外にも」声がかなりよく出ているので驚いてしまった。なんだかんだ言ってまだ40代のポールの声は若々しかったのだ。MCの声も今とは全然違う。そして、あの頃僕も若かった(笑)。おそらくあのときは単純にスタジオ録音のポールの声とライヴとを単純に比較して「声が出ていない」という偏見を持ってしまったのだと思う(反省)。数年ぶりにこのライヴアルバムを聴いたがなかなかどうして良い出来である。来日を機に、この頃のライヴが再評価できて個人的にもよかったと思っている。

参考:
チケットぴあ ポール・マッカートニー日本公演2013 プリセール&一般発売icon
東京ドーム周辺のホテル
icon


関連記事