FC2ブログ

『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』到着レビュー その1 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ソロ・リマスター日記 » 『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』到着レビュー その1

『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』到着レビュー その1

5月28日午後6時、我が家に待望の『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』スーパー・デラックス・セットが届けられた。宅急便は嫁が受け取る。「重いよ」と一言。うむ、そんなことはわかっとる。一人心の中でつぶやきながら、それ以上パッケージの内容について突っ込まれないことを祈る…。幸い嫁はそれ以上何も言わない。よかった。はやる気持ちを抑えながら、家族が寝静まるときをじっと待つ。そして深夜ついに開封…。

ほんとうにずっしりと重い。これは『ラム』の比ではない。さっそく体重計で重さをはかってみたらなんと3.7kgもあった。噂は本当だったのだ。
WOA weigh

僕がアーカイブ・シリーズでスーパーデラックスを購入したのは『ラム』に続いて2度目だが、日本盤は今回が初めてである。やはり気になるのは日本語対訳&歌詞(投げ込みブックレット)がどうなっているのかということ。見るとこれはパッケージの裏側に添付された上でシュリンクラップがかけられていた。大きさはパッケージに合わせてあるので、保管は無理やり他のブックレットの隙間に入れればなんとかなりそうな感じかな。ページ数は歌詞も含めて全20ページだが、はたしてすべての対訳が網羅されているかどうかはのちほどチェックしてみたい。翻訳はおなじみザ・ビートルズ・クラブなので、品質は信頼してもよろしいかと思う。
WOA JP notes

そして、いよいよシュリンクラップをピリピリと破る。外箱の作りは前作『ラム』と同様本当にしっかりとしている。ただし手触りは布に近い感触だった『ラム』よりもかなり硬質な感じがする。色も黒を基調にまとめられており、落ち着いた外観を呈している。今回もデザイン的には非常に優れていると思う。

外箱:表                               外箱:裏
WOA frontWOA back2

外箱:背表紙(『ラム』との比較)
WOA back1WOA back3

『ラム』と並べてみる。少しだけ背が高い。
WOA and ram

我が家に家宝がまた一つ増えた。次回からは、いよいよ内容についてレビューしてゆきたい。

参考:
『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』
日本盤:
ウイングス・オーヴァー・アメリカ 【スーパー・デラックス・エディション】(3CD+1DVD)
ウイングス・オーヴァー・アメリカ 【通常盤】(2CD) 6月5日に発売延期
海外盤:
Wings Over America 【デラックス・エディション】(3CD+1DVD) 
Wings Over America 【通常盤】(2CD) 
Wings Over America 【アナログ】(LP3枚組)  

『ロック・ショウ』
ロックショウ [Blu-ray] 
ロックショウ [DVD]


関連記事