FC2ブログ

ポール・マッカートニー:偉大なる50年の軌跡  その17『ポールのゲスト作品 ②』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » 特集記事 » ポール・マッカートニー:偉大なる50年の軌跡  その17『ポールのゲスト作品 ②』

ポール・マッカートニー:偉大なる50年の軌跡  その17『ポールのゲスト作品 ②』

第2回目の今日は1970年から1973年までのゲスト作品を取り上げる。

1970年
(アーティスト)スティーヴ・ミラー・バンド
(曲名)『暗黒の時間(My Dark Hour)』
(収録アルバム)『すばらしき新世界(Brave New World)』
(参加形態)ベース、ドラムス、コーラス

ポールのこの曲への参加は、あらかじめ予定されていたものではなく、ほとんど偶然に近い形で起こった。1969年5月9日、ロンドンのオリンピック・サウンド・スタジオにおいて、ビートルズの4人はアラン・クレインをアップルの財務管理人として迎えるかどうかで喧々諤々の大激論を交わしていた。ジョン、ジョージ、リンゴの3人はすでに契約書にサインをしていたが、その日ポールだけが頑としてサインに応じなかったため、3人は怒ってスタジオを去り、ポール1人だけがスタジオに取り残されたのだった。

その日たまたまスタジオを訪れていたスティーヴ・ミラーが、すっかり意気消沈していたポールに声をかける。そして偶然スタジオが空いていたために2人の共演が実現したのである。憤怒やるかたないポールがストレスを発散させるかのようなパフォーマンス(特にドラムス)を披露している。また曲名も当時のポールの心境を反映しているようで大変興味深い。

セッションは深夜にまで及び、この曲のレコーディングはほぼ2人だけで完了した。尚、アルバムにはポール・マッカートニーではなくポール・ラモーン(Paul Ramon)とクレジットされている。ポール・ラモーンとはポールがビートルズの前身、シルヴァー・ビートルズ時代によく使用していた偽名である。またラモーン(Ramon)は、ラム・オン(Ram On)ともなることから、ポールがのちにアルバム『ラム』で意識的に言葉遊びをしたとも言われている。

参考:
『暗黒の時間(My Dark Hour)』(iTunes)icon
『すばらしき新世界(Brave New World)』(CD)

1972年
(アーティスト)カーリー・サイモン
(曲名)『ナイト・アウル(Night Owl)』
(収録アルバム)『ノー・シークレッツ(No Secrets)』
(参加形態)コーラス

全米No.1を獲得したカーリー・サイモンの大ヒットアルバムでポール以外にも多数のゲストが参加している。ポールのコーラスは特徴があるので割とわかりやすいほうだと思うのだが、この曲はどちらかといえばわかりにくい部類に入るように思う。ちなみにリンダも同じくコーラスで参加しているそうだ。ポールの参加云々は別にしても、70年代を代表する名盤の1枚として聴いてみるのもよいかもしれない。

参考:
『ノー・シークレッツ』(Amazon MP3)

1973年
(アーティスト)リンゴ・スター
(曲名)『シックス・オクロック(Six O'Clock)』
(収録アルバム)『リンゴ(Ringo)』
(参加形態)ピアノ、シンセサイザー、コーラス

(アーティスト)リンゴ・スター
(曲名)『ユア・シックスティーン(You're Sixteen)』
(収録アルバム)『リンゴ(Ringo)』
(参加形態)カズー(口サックス)

リンゴ・スターの最高傑作であり、ジョン、ポール、ジョージの3人全員が楽曲を提供し、ゲスト・ミュージシャンとして実際にレコーディングに参加した作品ということでファン必聴・必携のアルバムである。全米2位、全英7位。

ポールがレコーディングに参加したのは2曲で、『シックス・オクロック』は作詞/作曲も自身が手がけた作品。そしてレコーディングにはピアノ、シンセサイザー、コーラスで参加している。ポールらしい優しく、メロディアスな佳曲といえるだろう。コーラスにはリンダも参加している。
もう1曲は全米No.1にもなった『ユア・シックスティーン』。こちらはカズーという楽器を使ってポールが口サックスを担当している。だが実際にはポールは楽器を使わず口だけでこの音を出しているという意見もある。またこちらもリンダがコーラスで参加している。

余談になるがアルバム1曲目の『アイム・ザ・グレーテスト』はビートルズ解散以降では唯一3人のメンバー(ジョン、ジョージ、リンゴ)がレコーディングを行なった曲ということで発売当時大変な話題となった。(ポール派としては少々苦々しい思いがする曲でもあるが…)

このアルバムへの貢献度ということではジョージが1番だろう。10曲中4曲でレコーディングに参加し、全米No.1となった『想い出のフォトグラフ』を含む2曲で共作者として名を連ねている。とにかく70年代前半のジョージの活躍は凄まじいものがあった。

参考:
『シックス・オクロック(Six O'Clock)』(iTunes)icon
『ユア・シックスティーン(You're Sixteen)』(iTunes)icon
『リンゴ』(CD:紙ジャケット仕様)
『リンゴ』(アマゾンMP3ダウンロード)


関連記事