FC2ブログ

ポール、新作アルバムのためにすでに50曲以上を録音! - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールのニュース » ポール、新作アルバムのためにすでに50曲以上を録音!

ポール、新作アルバムのためにすでに50曲以上を録音!

非公式ながら信じられないような嬉しいニュースが飛び込んできた。

以前よりニュー・アルバムを制作中と伝えられているポールだが、なんとすでに50曲以上の曲を録音済で、アルバム制作過程は最終段階に入っているという(曲数についての真偽はともかく、たくさんの曲が用意されているのはまちがいなさそうである)。3月上旬にはミキシングを終え、収録曲を決定し、アルバムのカバーアート作成等の準備に入る予定とのこと。アルバム・タイトルはまだ未定だが『ポップ・アップ(POP UP)』というタイトルがひとつの候補として挙がっているという。ニューアルバムのために用意されたこれら50曲以上もの曲は、ポールを含む5人のプロデューサーたちの手になる、いかにもポールらしいバラエティ豊かな作品群であるということだ。しかも、この上さらにポールが新曲を録音する可能性すらあるというのだから驚きである。

約35年ほどポールファンをやらせてもらっているが、ニューアルバムのために50曲などという大量の、しかも具体的な曲数が出てくるのを聞くのは初めてのことである。このうちいったい何曲が実際にアルバムに収録されるのか…。たとえ半分、いや3分の1だとしてもこれは大変な数字であり、アナログLP時代に置き換えれば2枚組、いやひょっとしたら3枚組にも相当するような前代未聞のヴォリュームの超大作になる可能性すら感じさせるものがある(現在のCDでは3枚組というのは事実上難しいであろうが…)。

5人のプロデューサーというのも大いに気になるところである。今のところはっきりしているのは①イーサン・ジョンズ②マーク・ロンソン③ジャイルズ・マーティン④ポール・マッカートニーの4名であるが、5人目ははたして誰なのだろうか?(デイヴ・グロールかな?)

ともかく新作アルバムのために用意されるこの途方もない曲の数というのは、世界広しといえども全盛期のスティービー・ワンダーか、エルトン・ジョンか、はたまた我らがポール・マッカートニーぐらいにしかできそうもない芸当である。しかも70才を超えてとなると、これは音楽史上に残る快挙となるかもしれない。ポールはまたひとつ偉業を成し遂げるのか?その答えはもうすぐ明らかになる。気になる発売時期だがやはりアーカイヴの『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』発売後ということだ。続報を待て!


関連記事