FC2ブログ

ポール・マッカートニー:偉大なる50年の軌跡  その15『ポールのゲスト作品 プロローグ』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » 特集記事 » ポール・マッカートニー:偉大なる50年の軌跡  その15『ポールのゲスト作品 プロローグ』

ポール・マッカートニー:偉大なる50年の軌跡  その15『ポールのゲスト作品 プロローグ』

さて突然ですが、『その14』までで止まっていた特集記事(ポール・マッカートニー:偉大なる50年の軌跡)の再開いたします。第2部ということになる。

ポールが他のアーティストの曲にゲストミュージシャンとして参加した例は今ではかなりの数にのぼる。しかしながら、それらの詳細について調べることはこれまでよほどのポール研究家でもないかぎり至難の業であった。だが、今ではインターネットのおかげで比較的簡単にそれらの楽曲についての情報を得ることができる。これは本当にありがたいことである。(冗談抜きで僕はこんな時代が自分が生きている間に来るなどとは思ってもみなかった。)

ポールの全集ともいえるアーカイヴ・プロジェクトが現在進行中だが、他のアーティストの作品にポールがなんらかの形でゲスト参加した曲についてはレーベルの問題等で今後も収録はされないと見るのがおそらく妥当であろう。だとすれば、本当の意味でのポール・マッカートニー全集を作ろうと思えば、①他のアーティストの作品にゲストとして参加した曲(チャリティ曲、サントラ等を含む)。②他のアーティストの為に提供した楽曲(自身は不参加)。③ポール名義のアルバム以外で発表されたライブ演奏曲。などなどを自力で集めなくてはならない。もちろんそこまでやる必要があるかどうかは個々人の判断に委ねられるわけだが、当ブログでは今後数回に分けてまずはポールのゲスト作品を整理し、簡単に内容等の紹介をしてゆきたいと思う。

ひとことでゲスト参加した作品といっても、①ヴォーカルと演奏で参加。②ヴォーカルだけで参加。③演奏だけで参加。④①~③に加え作詞/作曲でも参加。などのヴァリエーションが考えられるが、それらの中で個人的に最も重要視しているのはポールのヴォーカルが聴ける作品である。それというのもポールのヴォーカルというのはハマった時には本当に曲の印象を一変させるほどのパワーを秘めていて、他者とのコラボレーションによってファンも驚くほどの化学反応をみせることがあるからである。
それに比べると演奏だけでの参加というのはよほど目立ったパフォーマンスでもしないかぎり僕のようなシロウトにはなかなかわかりづらいというのが難点ではある。要するに言われなければポールとはわからないものが多いのである。

資料は万人が利用でき、情報の正確性もかなり高いということで英語版ウィキペディアをメインで使用しつつ、他のポール関係サイトなども参考にさせていただきながら進めてゆこうと考えている。もし現在でも購入が可能であればiTunesやCDなどの情報も合わせて掲載してゆきたい。


関連記事