FC2ブログ

『ライブキス2012』リリース決定!しかし・・・ - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールのニュース » 『ライブキス2012』リリース決定!しかし・・・

『ライブキス2012』リリース決定!しかし・・・

今年の2月9日にアメリカ・ハリウッドのキャピトル・スタジオで『キス・オン・ザ・ボトム』の発売を記念して行なわれたライブ映像が、11月7日にDVDとブルーレイで発売される。ライブが行なわれた直後からDVD等の発売は噂されていたが、約9カ月間の準備期間を経てめでたく実現という運びとなった。今回は日本版が世界先行発売ということでアメリカでの発売は11月12日、イギリスでの発売は12月3日になるということ。

収録曲目は以下の通り。
1. 手紙でも書こう
2. ホーム
3. イッツ・オンリー・ア・ペイパー・ムーン
4. グローリー・オブ・ラヴ
5. もう望めない
6. ウィ・スリー
7. アクセンチュエイト・ザ・ポジティヴ
8. オンリー・アワ・ハーツ(※BGM)
9. マイ・ヴァレンタイン
10. オールウェイズ
11. マイ・ヴェリー・グッド・フレンド・ザ・ミルクマン
12. バイ・バイ・ブラックバード
13. ゲット・ユアセルフ・アナザー・フール
14. マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ
15. インチ・ワーム(※エンドロール)

なんとCDとほぼ同じ曲目、曲順で演奏するという、ポールとしては極めて珍しいスタイルでのライブ作品の誕生となった。演奏者をすべてジャズ・ミュージシャンたちで固めたカバーアルバムゆえにできた企画ともいえるかもしれないが、単純にこれは快挙である。ちなみに1枚のアルバムを曲順通りにすべて演奏するというアイディアは、ポール自身が過去にインタビュー等でも語ったことがある(どうせならオリジナルアルバムでやってくれればいいのに…)。

主な特典は40ページの豪華ブックレットと、約40分ほどのボーナス映像。ブックレットにはなんとエルヴィス・コステロによるポールへのインタビューが掲載されるという。今回共演を果たしたダイアナ・クラールの夫でもあるエルヴィスがいったいポールにどんなインタビューを試みたのか。これは個人的にはDVDの内容以上に興味がある。
ボーナス映像にはポール自身が監督を務めた『マイ・ヴァレンタイン』のプロモーション・ビデオの完全版や、メイキング映像などが収録されているとのこと。しかし『マイ・ヴァレンタイン』のビデオ撮影にジョニー・デップやナタリー・ポートマンなどの“超大物”をいとも簡単に引っぱり出してくるというのはポールのカリスマ性がなせる技としか言いようがない。ナタリー・ポートマンに至っては『ダンス・トゥナイト』以来2度目のプロモビデオ出演である。

なにはともあれポール自身による公式リリースということで、ファンとしては非常に嬉しいニュースであることはまちがいないのだが、実は個人的にはかなり複雑な気分でこの記事を書いている。というのも、本国イギリスでの発売が12月3日になることが事実だとすれば、年内のポール関係のリリースはこれが最後という雰囲気がただよってくるからである。ひょっとしたら、年末に発売を期待していたアーカイブ・コレクションのリリースは来年にずれ込んでしまうかもしれないのだ。
もちろん諸事情により発売が遅れてしまうのは致し方ない。しかし、僕が心配しているのはアーカイブ・コレクションの発売ペースが鈍ってしまうことなのである。というのも単純計算でも1年に2枚発売でも完結までにこれから約10年、1年に1枚ではなんと20年以上もかかってしまう計算になるからだ。それではポール自身はおろか、僕自身でさえ果たしてこの世に存在しているかどうか怪しいものだ(笑)。冗談抜きに年間3枚以上のペースは守ってもらわないと困ったことになるということなのである。

今年5月に発売された『ラム』リマスターの内容があまりにもすばらしかったために、僕の中でのアーカイブ・コレクションの期待値、優先度はそれこそニューアルバムにさえ匹敵するほどになってしまったといえる。今や僕にとってアーカイブのリリースはかなりのビッグリリースといえるこの『ライブキス2012』や、『マジカル・ミステリー・ツアー』よりもずっと高いところに位置しているのである。

今年前半での情報では(http://loveawake.blog62.fc2.com/blog-entry-608.html)、2012年のクリスマスシーズンに、『ヴィーナス・アンド・マース』『スピード・オブ・サウンド』『ウイングス・オーヴァー・アメリカ』そして『ロック・ショウ』DVDのうちどれか、「もしくはすべて」がリリースされる予定ということになっていた。だが今のところ、それらのリリースについての公式発表は一切なされていない。これまでのところ、アーカイブの発売情報はリリースの約2カ月前に出てきているから、10月15日ぐらいまでに発表がなければとりあえず本年中のアーカイブ発売はないと見ていいだろう。

参考:
ライヴ・キス2012≪生産限定盤≫【日本語字幕・ブックレット対訳付】 [DVD]
ライヴ・キス2012≪生産限定盤≫【日本語字幕・ブックレット対訳付】 [Blu-ray]


関連記事