FC2ブログ

僕の好きな曲: 『ダンス・ウィズ・ミー』 by アール・クルー - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » 僕の好きな曲 » 僕の好きな曲: 『ダンス・ウィズ・ミー』 by アール・クルー

僕の好きな曲: 『ダンス・ウィズ・ミー』 by アール・クルー

好きな曲を聴きたいがためにわざわざアルバムを買ったはいいが、結局その曲以外1曲も好きになれる曲がなかった…、という経験をしたことはないだろうか。残念ながら僕はかなりそういう苦い経験が多い(サンタナの『哀愁のヨーロッパ』、ティアーズ・オブ・フィアーズの『シーズ・オブ・ラヴ』、マイケル・フランクスの『アントニオの歌』などなど枚挙にいとまがない)。

僕はもともと聴く音楽の幅はそれほど広いほうではないし、実際好きになる音楽もかなり偏った傾向があると自分では思っている。もう少し許容範囲が広ければもっともっと幅広く音楽を聴けたのにな、とも思うが50にもうすぐ手が届こうかという今となってはそれも無理な話で、もはやそう易々と融通の利く年令ではない。というわけで、あと20年か30年の残りの人生を僕は極度に偏った趣味の範囲内で自分が好きな曲だけを何度も繰り返し聴き続けるだろうし、それで十分に満足して死んでゆけるだろうと今は思っている。少なくともビートルズとポールだけは死ぬまで聴き続けることだけはまちがいない。新しい曲などクソくらえである(そこまで言うか、笑)。

話が少し横道に逸れてしまったが、今日取り上げるアール・クルーの『ダンス・ウィズ・ミー』という曲もそんな偏った僕の音楽的嗜好に見事ハマったまではよかったのだが、いざオリジナルアルバム『フィンガー・ペインティング』を聴いてみたら他の曲は全く引っかからなかったという少し残念な記憶を持つ曲である(ただしアルバム自体は名盤との評価が高いので誤解なきように。ただ僕の音楽的趣味に合わなかったというだけの話だ)。この曲はきっと誰もが一度は耳にしたことのあると思われる有名なインストゥルメンタル・ナンバーだが、オリジナルはオーリアンズの大ヒット曲。つまりこの曲はカバーということになるのだが、そんなことは全く気にならないほどそれ自体で完成された名曲なのだ。

僕はギターが弾けないので、技術的なことは全くわからないのだが、とにかくこの演奏のすばらしさには聴くたびに息を飲んでしまう。実際自分で弾けたらどんなに気持がいいだろうかと思う(きっと容易ではないのだろうが、一生をかけてこの曲1曲だけでもマスターできればいいのに…)。最初の一音から、最後の一音まで完全無欠、まさに一分の隙もない完璧なアレンジと演奏、そして録音だと思う。これ以上は何一つ不可能だし、この曲に関する限り誰もアール・クルーを超えることはできないとさえ思う。

なんという爽やかさ、そして清々しさ…。僕は今この曲を携帯のアラーム音に設定しているのだが、何度聴いてもけっして飽きることはないし、アラームで一度も眠りを妨害されたと感じたこともない。インストゥルメンタルの名曲中の名曲『ダンス・ウィズ・ミー』を気持ちのよい朝のティータイムにいかがかな?

参考:アール・クルー 『フィンガー・ペインティング』


関連記事