FC2ブログ

ポール・マッカートニー:偉大なる50年の軌跡  その13『ポールが作った曲PART4』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » 特集記事 » ポール・マッカートニー:偉大なる50年の軌跡  その13『ポールが作った曲PART4』

ポール・マッカートニー:偉大なる50年の軌跡  その13『ポールが作った曲PART4』

前回までの集計で、ポールがデビューからの30年間に作曲し公式発表した曲は約300曲という結果が出た(他のアーティストに提供した曲は除く)。これは10年ごとに約100曲平均というすごい数字で、改めてポールの類いまれなる作曲能力を再認識させられる形となっている。
さて残りはあと20年間となるわけだが、今回は第4期(1992年~2001年)、年齢的には50代(50~59才)の10年間について引き続き検証を進めてゆきたい。

結果から先に書こう。第4期の10年間にポールが公式発表した曲は71曲となり、デビュー以来40年間のトータル曲数は約370曲という結果となった(多少の誤差はお許しいただきたい)。これは数字的には第3期(69曲)とほぼ同じペースを維持したということになるわけだが、第4期には『ビートルズ・アンソロジー』で発表された収録曲10曲が含まれるため、厳密にいえば第3期よりもさらに少しだけペースダウンをしたことになる。


【第4期】(1992年~2001年) 50代(50~59才)
1『明日への誓い』、2『ロング・レザー・コート』、3『オフ・ザ・グラウンド』、4『ルッキング・フォー・チェンジズ』、5★『ミストレス・アンド・メイド』、6『アイ・オウ・イット・オール・トゥ・ユー』、7『バイカー・ライク・アン・アイコン』、8『ピース・イン・ザ・ネイバーフッド』、9『ゴールデン・アース・ガール』、10『ゲット・アウト・オブ・マイ・ウェイ』、11『ワインダーク・オープン・シー』、12『カモン・ピープル』、13『コスミカリー・コンシャス』、14『アイ・キャント・イマジン』、15『トゥワイス・イン・ア・ライフタイム』、16★『キープ・カミング・バック・トゥ・ラヴ』、17『スタイル・スタイル』、18『キックト・アラウンド・ノー・モア』、19『ビッグ・ボーイズ・ビッカーリング』、20『ダウン・トゥ・ザ・リヴァー』、21『ソギー・ヌードル』、22『ホテル・イン・ベニドーム』、23『ア・ファイン・デイ』、24★『アイル・ビー・オン・マイ・ウェイ』、25★『フリー・アズ・ア・バード』、26★『イン・スパイト・オブ・オール・ザ・デインジャー』、27★『ユール・ビー・マイン』、28★『カイエンヌ』、29★『ライク・ドリーマーズ・ドゥ』、30★『イフ・ユーヴ・ガット・トラブル』、31★『ザット・ミーンズ・ア・ロット』、32★『ステップ・インサイド・ラヴ』、33『カム・アンド・ゲット・イット』、34『ルッキング・フォー・ユー』、35『ブルームスティック』、36『ザ・ソング・ウィー・ワー・シンギング』、37『ザ・ワールド・トゥナイト』、38『イフ・ユー・ウォナ』、39『サムデイズ』、40『ヤング・ボーイ』、41『カリコ・スカイズ』、42『フレイミング・パイ』、43『ヘヴン・オン・ア・サンデイ』、44★『ユースト・トゥ・ビー・バッド』、45『スーベニア』、46『リトル・ウィロー』、47★『リアリー・ラヴ・ユー』、48『ビューティフル・ナイト』、49『グレイト・デイ』、50『セイム・ラヴ』、51『ラヴ・カム・タンブリング・ダウン』、52『ラン・デヴィル・ラン』、53『トライ・ノット・トゥ・クライ 』、54『ワット・イット・イズ』、55『ロンリー・ロード』、56『フロム・ア・ラヴァー・トゥ・ア・フレンド』、57『シーズ・ギヴン・アップ・トーキング』、58『ドライヴィング・レイン』、59『アイ・ドゥ』、60『タイニー・バブル』、61『マジック』、62『ユア・ウェイ』、63『スピニング・オン・アン・アクシス』、64『アバウト・ユー』、65『ヘザー』、66『バック・イン・ザ・サンシャイン・アゲイン』、67『ユア・ラヴィング・フレーム』、68『ジャイプールへの旅』、69『雨粒を洗い流して』、70『フリーダム』、71『ヴァニラ・スカイ』


ただここで忘れてはならないのは、ポールは第3期以降従来の音楽活動に加え、クラシックやザ・ファイアーマン、ビートルズ・アンソロジーなどのサイド・プロジェクトにも積極的に取り組んでいたということである。事実第4期の10年間にオリジナル・アルバム以外にクラシックアルバムを2枚(『スタンディング・ストーン』『ワーキング・クラシカル』)、ザ・ファイアーマン名義で2枚(『ストリベリー・オーシャンズ・シップス・フォレスト』『ラッシズ』)、その他に1枚のアルバム(『リヴァプール・サウンド・コラージュ』)、『ビートルズ・アンソロジー』のCDとDVDなどをリリースしていることは驚きであり特筆に値する。たしかにオリジナル・アルバムのリリース間隔が徐々に長くなってきたことは事実ではあるが、この10年間に本格的なワールド・ツアーを含むライブ活動への完全復帰や、リンダの死(1998年)とその前後の活動休止期間があったことなどを考え合わせると、50代のポールは実によく働き、他の時期にも負けないほどたくさんの良作を生み出したと思うのである。つまりポールは50代もけっして手を緩めることなく走り続けたのだった。そのエネルギーにはただただ脱帽、降参である。

作風的には、①アウトテイクを含めると実は驚くほど多彩で魅力に満ちた佳曲の集合体(実質2枚組)の『オフ・ザ・グラウンド』、②ビートルズ回帰を思わせる温かみのある名曲ぞろいの『フレイミング・パイ』、③リンダの死を乗り越え、男マッカートニーが“四たび”スタートラインに立ったロックスタンダード集『ラン・デヴィル・ラン』、そして④新しいバンドメンバーを迎えた意欲作ながら、将来に一抹の不安を残す仕上がりとなった『ドライヴィング・レイン』、とアルバムごとに異なったサウンド作りが表れており非常に興味深くまた面白い。

そして、改めてアルバムに収録されなかったアウト・テイクの質の高さにも目を奪われてしまう…。時々ポール・マッカートニーという人の曲に対する評価基準に首をひねってしまうことがある。というのも、明らかにアルバムに入れるべきと思われる曲が外されていることがあまりにも多いからである。これは確信犯的にわざといい曲を外しているか、さもなくば曲に対する評価基準が一般人とは大きくかけ離れているか、のどちらかであろうが、僕個人の意見としては、ポール一流のサービス精神もしくはいたずら心からわざと外しているケースが多いような気がしている。実際、思いがけないところにお宝は眠っているのである。ポールはあちらこちらに爆弾を仕掛けてきたのだ(笑)。これは世界広しといえども、我らがポール・マッカートニーにしかできない芸当ではないかと思うのだが、真のポール・マッカートニー大全集ともいえるアーカイブ・コレクション・プロジェクトのおかげで、僕たちはそう遠くない将来にその全貌を目にし、耳にすることになる。これはきっと世界中の音楽ファンを驚愕させるプロジェクトになるだろう。

世界はまだ本当のポール・マッカートニーを知らない。


関連記事