FC2ブログ

ポールのニューアルバム:プロデューサーはマーク・ロンソンか? - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールのニュース » ポールのニューアルバム:プロデューサーはマーク・ロンソンか?

ポールのニューアルバム:プロデューサーはマーク・ロンソンか?

待望久しいポールのオリジナル・ニュー・アルバムであるが、プロデューサーはどうやらマーク・ロンソンで決まりではないかとの噂が流れている。ポールはすでにニュー・アルバム用の曲は十分に書きためており、かねてからレコーディングもかなり進んでいるのではないかとの情報があった。しかし、ポール自身がその仕上がりに満足しておらず、有能なプロデューサーを探しているらしいと言われていたのだが、ここにきて実名でマーク・ロンソンの名前が挙がってきたというわけである。

マーク・ロンソンについて知らない人のために少し触れておくと、彼はイギリス生まれのミュージシャン、プロデューサーである。ミュージシャンとしては特にイギリスで何曲かスマッシュヒットを飛ばしてはいるが、2000年頃から数多くの有名アーティストのアルバムプロデュースを手掛け、現在はどちらかといえばプロデューサーとしての評価が定着しているようだ。2008年度グラミー賞ではエイミー・ワインハウスの『バック・トゥ・ブラック』で最優秀プロデューサー賞を受賞している。また今や飛ぶ鳥を落とす勢いのアデルのデビューアルバム『19』も彼のプロデュース作品である。というわけで、彼は現在世界で最も優れた音楽プロデューサーの一人であることは間違いないであろう。

面白いのは、彼がジョンの息子ショーンと子供の頃からの親友であるということ。薄いけれど、なんとなくビートルズつながりもあるということになる。

さてこの噂にはちゃんと根拠があり、先日ニューヨークのとあるスタジオでポールとマークが一緒に仕事をしている姿が目撃されているという。まあ結果はどうあれ、ポールが事実上ニュー・アルバムの製作に取りかかっていることだけは間違いない。そして、おそらく来年2013年中には最高のニュー・アルバムを引っさげて日本に再上陸を果たしてくれるだろう・・・。なんて、夢もつい見たくなるようなニュースであった。今年から来年にかけても、ポールはいろいろとファンを楽しませてくれそうである。ありがたや、ありがたや。


参考:
エイミー・ワインハウス: 『バック・トゥ・ブラック』
アデル: 『19(デラックス・エディション)』

関連記事