FC2ブログ

ロンドン五輪、期待と憂鬱 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » その他ポールの話題 » ロンドン五輪、期待と憂鬱

ロンドン五輪、期待と憂鬱




ファンの方々は既にご存知の通り、ポールが2012年7月27日のロンドン・オリンピック開会式のステージに登場し、ライブパフォーマンスを披露することが決定しているらしい。しかも開会式を締めくくるトリを務め、曲目は『ヘイ・ジュード』ではないかと言われている。オリンピック開会式ほどの超ビッグイベントであれば、その準備は数カ月から数年をかけて綿密に行われているはずであり、直前になって曲目が急きょ変更になったり、アドリブ的なサプライズ演出を期待することなどできはしないだろう。したがって曲目については完全に確定であろうと思われる。

この件についての僕の正直な感想は「ハァ~」(ため息)である。『ヘイ・ジュード』といえばポールの代名詞的な曲であるし、大舞台での演出としては順当な選曲だと思う。ファンとしては素直にポールの出演を喜び、内容云々など気にしないで温かい目で見守ってあげたいとも思う。だが僕の中の何かがそれを拒否するのである。とても自己チューでわがままな話とはわかっていても、「ポール様、あなたならもっと違うこと、もっと大きなことができたはずなのに…」と思ってしまうのだ。

単刀直入に言うならば、僕はポールにロンドン・オリンピックのテーマ曲となりえるような新曲の発表を期待していたのである。過去に『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』『マジカル・ミステリー・ツアー』『007死ぬのは奴らだ』等、テーマ曲としても超一級の作品を書き上げ、クラシックの分野でも数々の実績を残してきたポールにしてみれば、それはさして難しいことではないことのように思われたからだ。ポール70才、デビュー50周年、自国ロンドンでのオリンピック。これ以上ない檜舞台で最高の新曲を披露する。それこそまさに現代を代表する音楽クリエイター、ポール・マッカートニー晩年の活躍を象徴するメモリアルイベントになるはずであった…。

我ながらあまりにも勝手な妄想、妄言である。しかし、ファンというものは時として非常にウエットな幻想、妄想、夢想の世界に入り込んでしまうものだ。「夢をもう一度…」というわけである。ポールほどのアーティストならば40年近くも前の曲でお茶を濁すのではなく、やはり新曲で現役バリバリであることを世界中に示してほしかった。これが偽らざる本音である。

そして、もしどうしてもビートルズの曲をやらなくてはならなかったのであれば、僕は絶対にリンゴと一緒にステージに立ってほしかった。僕の勝手な妄想シナリオはこうである。まず開会式は『サージェント・ペパーズ』に始まり、リンゴの『ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ』、ポールの『ヘイ・ジュード』で幕を閉じる。そして閉会式では『ゴールデン・スランバー』から『ジ・エンド』でオリンピックのフィナーレを迎えるという構成。サポートメンバーにエリック・クラプトンとエルヴィス・コステロあたりを配せばうるさいビートルズファンからもそれほど文句は出ないであろう(笑)。それにもちろんこれはビートルズ再結成などではない。生きているメンバー2人が自分たちの曲をやるだけの話なのだから。だが、残念ながらリンゴは出演をきっぱり否定しているということだ。

ただいつまでも文句ばかりを言っていても仕方がない。こうして煮え切らない思いを吐き出させていただいたことで一つ気持の整理がついたのもまた事実である。ここから先は文句を言うのはやめて、純粋にポールの出演を楽しみたいと思っている。


関連記事