FC2ブログ

ポールの曲: 『ディア・ボーイ(Dear Boy)』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールの曲 » ポールの曲: 『ディア・ボーイ(Dear Boy)』

ポールの曲: 『ディア・ボーイ(Dear Boy)』

アーカイブ・コレクション・シリーズは、僕のようなオールドファンにとっても実に楽しいポール・マッカートニー・サウンド再発見の旅といえる。ビートルズ・リマスターから一貫していえることだが、リマスター化されて生まれ変わったサウンドは長年抱き続けてきた曲の印象を一変させることもしばしばである。なにしろ耳にタコができるほど聴き続けてきた曲の数々が全く別物に聴こえてしまうことさえあるのだから・・・。逆にいえば従来のCDの音質がいかに悪かったのかということの証明でもあるわけだが、デジタルオーディオはここにきてようやくアナログレコードの音に追いつき、そして追い越そうとする時代に突入したのかもしれない。ともかく実に新鮮で、楽しく、ワクワクするような体験であることだけはまちがいない。

さて今回の『ラム』リマスターを聴いてゆく中で、僕がその違いを最も顕著に感じた最初の曲が『ディア・ボーイ』であった。『ディア・ボーイ』はもともとアルバムの中でも特に好きな1曲ではあったのだが、今回リマスター化されたことによりその評価は僕の中でAランクからSランクへとさらにワンランクアップした感じなのである。まさにポールらしい珠玉のメロディラインと全盛期のヴォーカルパフォーマンスがわずか2分15秒という演奏時間にぎゅっと凝縮された名曲といえるだろう。たとえば『ロング・ヘアード・レディ』などでは、ややチグハグな印象さえ受けてしまうリンダのコーラスワークも、ことこの曲に関しては完璧である。正直言って同じ人間とは思えないほどだ(笑)。

余談になるが、ポールは早くからリンダのコーラス力を高く評価していて、今回ボックスセット付属の豪華ブックでなんとあの『レット・イット・ビー』でリンダが高音部のコーラスパートとして参加していたという驚愕のエピソードを披露している。僕はそれを読んだとき、本当に目を丸くして思わず倒れそうになってしまった(あーびっくりした)。この『ディア・ボーイ』にしてもそうだが、たしかにリンダのコーラス力については疑いの余地はない。彼女のコーラスがポールの楽曲に華を添えている例はそれこそ枚挙にいとまがなく、この才能を見抜いたポールの眼力はさすがであると思う。だが、彼女のヴォーカルが少しでも表に出てくるとその印象はガラッと変わってしまう。僕はヴォーカリストとしてのリンダは評価しないし、これからもすることはないだろう。

今回ボックスセット(日本盤スーパーデラックス)を購入した人は、3種類の『ラム』が聴ける。一つ目はオリジナルの『ラム』、二つ目はモノミックスの『ラム』、そして三つ目はインストゥルメンタル『スリリントン』の『ラム』である。これら3枚のアルバムを聴き比べるのもまた愉しみの一つだが、『ディア・ボーイ』に関してはモノ『ラム』、『スリリントン』共に出来がすばらしいことを最後に付け加えておきたい。すでにファンの間ではモノ『ラム』(特にアナログ盤)は非常に高い評価がされているようだが、個人的には全体的にエコーがかかりすぎているような感じがしてあまり好きではない。それでも『ディア・ボーイ』に関してはモノミックスもなかなか味があって良いと思っているのである。

参考:
ポール・マッカートニー・アーカイヴ・コレクション


関連記事