FC2ブログ

ソロ・リマスター日記 - 24  『ラム』リマスター・デラックス・エディションの内容 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ソロ・リマスター日記 » ソロ・リマスター日記 - 24  『ラム』リマスター・デラックス・エディションの内容

ソロ・リマスター日記 - 24  『ラム』リマスター・デラックス・エディションの内容

5/22前後に発売が予定されている『ラム』リマスターの内容が明らかになってきたので続報としてお届けする。

一番高いデラックス・エディション(日本盤呼称はスーパー・デラックス・エディション)は4CD+1DVDのセットとなる。詳細は以下の通り。

CD1 Ram (remastered)

CD2 Bonus tracks (remastered)
1. Another Day
2. Oh Woman, Oh Why
3. Little Woman Love
4. A Love For You (Jon Kelly remix)
5. Hey Diddle (Dixon Van Winkle mix)
6. Great Cock And Seagull Race (Dixon Van Winkle mix)
7. Rode All Night
8. Sunshine Sometime (earliest mix)

CD3 Ram mono (remastered)

CD4 Thrillington (remastered)

DVD
Ramming; Heart Of The Country; 3 Legs; Hey Diddle; Eat At Home On Tour; a selection of Now Hear This jingles

これはファンにはたまらない内容となりそうである。アルバムのリマスター盤(CD1)とボーナスディスク(CD2)以外に、『ラム』モノリマスター盤(CD3)となんと『スリリントン』(ポールが『ラム』全曲をオーケストラ演奏でカバーしたアルバム-1977年発売)(CD4)までもがリマスター化されてついてくるというサービスぶりだ!僕は『スリリントン』(現在は輸入盤でも高価)は聴いたことがないので、今回ばかりはデラックス盤を購入しないわけにはいかなくなりそうだ。

CD3のモノラル版『ラム』は発売当時AMラジオ局のプロモーション用に配られた非売品で、公式リリースはもちろん今回が初めてということである。基本的にステレオ版とそれほど変わらないとのことだが、よく聴くといくらか違いが存在するらしい。ちょっとマニア向けと言えなくもないが、これまで入れてしまうポールの心意気には感謝したい。その点についてはCD4の『スリリントン』も同じである。ファンの間では周知の事実となっていたが、このアルバムをポール名義で発売するのは今回が初めてであり、比較的高値で取引されているこのアルバムをボーナスディスク(しかもリマスター)として聴けるのは本当にありがたい限りだ。

また個人的にはボーナスディスクに収録される“Oh Woman, Oh Why ”と“A Love For You ”(いずれも隠れた名曲)がリマスターサウンドで聴けることを特に楽しみにしている。DVDの内容は今のところ詳細不明だが、わかり次第追加で報告するのでお楽しみに。

参考:
『ラム』リマスター日本語盤まとめ
スーパー・デラックス・エディション(完全生産限定盤)(DVD付)
デラックス・エディション(完全生産限定盤)(2CD)
スタンダード・エディション(オリジナルCDのみ)


関連記事