FC2ブログ

新作『キス・オン・ザ・ボトム』の感想 その2 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールのアルバム » 新作『キス・オン・ザ・ボトム』の感想 その2

新作『キス・オン・ザ・ボトム』の感想 その2

さて、このアルバムを実際に聴いてみて、僕がまず気付かされたのがポールをサポートするバックバンドの演奏の確かさと素晴らしさ、そしてアルバム全体の録音の良さである。これはただ単純に演奏と録音の良さだけを基準に考えるなら、ポールがビートルズ以降に発売した全作品の中でもおそらく一、二を争う出来なのではないかと個人的には感じている。

要するに、今回ポールが共演したダイアナ・クラールを始めとするジャズ・ミュージシャンたちと、プロデューサーのトミー・リピューマはほぼ完璧ともいえる仕事をしたということなのだ。

そこで、今回ポールが共演者として選んだミュージシャンのダイアナ・クラールとプロデューサーのトミー・リピューマとはいったいどんな人たちなのだろうかと思い、少し調べてみた。正直言って調べた結果はかなり衝撃的なものであった。というのも2人共ジャズ界では知らぬ者がないほどのビッグ・ネームだったからである。自分のあまりの無知さ加減に唖然(笑)。

CDのライナー・ノーツによれば、ポールがまずアプローチをかけたのはプロデューサーのトミー・リピューマだったという。とはいっても、ポール自身が以前から彼の事を知っていたということではなく、ポールが今回のアルバムのプロデューサーには誰がいいだろうかとMPLニューヨークオフィスのスタッフに打診したところ、返ってきたのがトミー・リピューマの名前だったということである。ポールはすぐさま彼と会い、たちまちのうちに意気投合する。そして彼と共にアルバムを制作することを決定するのであるが、そのトミーが共演を勧めたミュージシャンとして名前を挙げたのがダイアナ・クラールであった。

トミー・リピューマは1960年代から主にジャズ、リズム&ブルースの作品を手掛けてきた名プロデューサーである。彼がプロデュースしてきたアーティストにはマイルス・デイヴィス、バーブラ・ストライザンド、ジョージ・ベンソン、ナタリー・コールなどの大物がずらりと並ぶ。そして、その中にダイアナ・クラールが含まれていることはいうまでもない。
彼はグラミー賞の常連で、これまでにノミネートされること30回以上、そのうち3回が受賞を果たしている。

ダイアナ・クラールは現代のジャズ界において最も成功した女性ジャズ・ヴォーカリスト/ピアニストの一人である。グラミー賞も3度獲得するなど、彼女がこれまでに発表したアルバムはそのほとんどがベストセラーとなり、今日まで非常に高い評価を得ている。つまり率直に言って、今まで彼女の名前すら全く知らなかったことが恥ずかしくなるほどの有名アーティストなのである。
彼女の事を調べていて、特に僕が思わず声に出して驚いてしまったことが一つある。それは、彼女がエルヴィス・コステロの奥さんだったいうことである(2003年に結婚)。エルヴィス・コステロにとっては3人目の奥さんということなのだが、いやはやなんとも深い縁を感じさせる話ではないか。特に今回はエルヴィスつながりではなく、別ルートからたどり着いた縁であるからなおさらである。ポールもこの縁には少なからず驚きを感じているのではないだろうか。

ダイアナ・クラールの名前さえ知らなかったくらいだから、僕のジャズに関する無知ぶりも相当なものであるが、それでも僕は昔からプロのジャズ・ミュージシャンにはとりわけ畏敬の念とでもいったものを感じている。簡単にいえば、彼らがとても自分と同じ人間とは思えないのである。少なくとも音楽的な感性という面からいえば、彼らはとても自分などには理解できない高次のレベルで生きているように見える。言ってみれば彼らは自分にとってまるで宇宙人のような存在なのだ。

一つ例を挙げよう。僕にとってジャズ・フュージョン界で心底崇敬するフォープレイというグループがある(特にリー・リトナー在籍時)。彼らの演奏を見聴きするたびに、僕は音楽というもののすばらしさと、奥深さ、各プレーヤーの演奏ぶりのあまりのカッコよさに完全にノックアウトされてしまう。そして、どんなにがんばってみても不可能であることを知りながらも、彼らのようになれたらいいな、彼らのような生き方がしてみたい、などと思ったりするのである。

だから、ジャズというのはその取っつきにくさというのは認めるとしても、これまで自分にとって「キライな音楽」であったことは一度もなく、ただ「今の自分には理解できない音楽」といった形で、ほぼ手つかずのままでいつもそこに存在してきたのだった。

しかしながら、今回はポールのおかげでほんの少しだけジャズに対する距離感が縮まったような気がしているのである。実際このアルバムを聴いて「ジャズってなかなかいいな」と思ったファンも(僕を含めて)きっと少なくはなかっただろう。そして、これからもこのアルバムはロック、ポップスとジャズとの架け橋になってゆくにちがいない。

ただ、ジャズに関してまったくの素人であるこの僕が言うのもなんだが、このアルバムで聴かれるポールのヴォーカルスタイルはあまりジャズっぽくない、と聴こえてしまうというのもまた事実である。つまり演奏自体は完全なジャズだけれど、ポールが歌うことでジャズとポップスを半々にミックスしたぐらいの、いわば「ポール・マッカートニー風ジャズ」とでもいったものに形を変えているように思われるのである。このあたりをどう感じるかで、このアルバムに対する評価も人により変わってくるのではないかと思う。だから僕個人の率直な感想としては、『キス・オン・ザ・ボトム』は「ポールがジャズアルバムを作りました」というよりは、「ポールがジャズを歌ったらこうなりました」というようなアルバムだと思う。

ただ、それでもこのアルバムが単なるカバーアルバムで終わらないのがポールのすごいところで…。というのも、このアルバムにはジャズとか、ロックとか、ポップスとかいうジャンルを超えたまさにマッカートニー印の名品が何曲か含まれているからだ。(続く)

参考:
キス・オン・ザ・ボトム(日本盤 ボーナストラックなし)
Kisses on the Bottom (UKデラックス盤 ボーナストラック有)
ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ダイアナ・クラール(初回限定盤)(DVD付)
ダイアナ・クラール 『ライヴ・イン・パリ』


関連記事