FC2ブログ

ポール・マッカートニー:偉大なる50年の軌跡  その5 最新作『キス・オン・ザ・ボトム』はアメリカでソロ18枚目のトップ10入り作品に - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » 特集記事 » ポール・マッカートニー:偉大なる50年の軌跡  その5 最新作『キス・オン・ザ・ボトム』はアメリカでソロ18枚目のトップ10入り作品に

ポール・マッカートニー:偉大なる50年の軌跡  その5 最新作『キス・オン・ザ・ボトム』はアメリカでソロ18枚目のトップ10入り作品に

本特集記事は僕のようなシロウトが取り組むには少々テーマが大きすぎるようで、正直続けることにかなりストレスを感じているのが現状である。ゆえに一度間隔が空いてしまうと、再度エンジンをかけるのに一苦労なのだ。フゥ~、まあこんなもんか…(笑)。

ただ、こんな時にこそポールの新しいリリースというのは遅筆で苦しむ僕にとって一つの大きな起爆剤になることもまたたしかなのである。ポール、すばらしいアルバムをありがとう!

さて世界中で好調なセールスを記録している『キス・オン・ザ・ボトム』だが、アメリカ、ビルボードのアルバムチャートでは初登場5位を記録し、ソロでは18枚目、ビートルズを含めるとなんと通算48枚目のトップ10にランクインしたアルバムとなった。これはアメリカのみでの記録となるが、僕の記事での数字とも一致していたのでいちおうホッとした次第。

他のアーティストとの比較でも、この数字は大変立派なものである。以下が上位のアーティスト名とトップ10アルバムの枚数。

1.ローリング・ストーンズ 36枚
2.フランク・シナトラ 33枚
3.バーブラ・ストライザンド 31枚
4.ビートルズ 30枚
5.エルヴィス・プレスリー 27枚
6.ボブ・ディラン 19枚
6.マドンナ 19枚
8.ポール・マッカートニー 18枚
9.エルトン・ジョン 17枚
9.ジョージ・ストレイト 17枚

ストーンズの36枚はさすがだが、活動年数を考えると逆にビートルズの30枚という数字がいかに飛び抜けたものであるかに驚かされる。単純に凄い。やはりビートルズはお化けバンドだ。そして、ファンの皆さんおめでとうございます。我らがポールはソロだけでこのそうそうたるメンバーのリストに名を連ねているのである。今さらながら、これは本当に偉大な記録だと思う。もちろんビートルズを含めれば48枚でダントツの歴代1位となる。

個人的に興味深かったのがエルトン・ジョンが17枚で、ポールが今回(おそらくソロになって初めて)彼の記録を1枚上回ったことだ。僕がポールの作曲能力と比較して、世界中でたった一人だけ一目も二目も置いているのがサー・エルトン・ジョンである。彼は多作家としても有名だが、彼のこれまでのアメリカでの活躍からいって、トップ10アルバムの数はポールよりもかなり上回るような気がしていたのである。だがポールはソロキャリアだけで70年代には一世を風靡したあのエルトンをも追い越したというのだから、これは本当にすごいことだと思ったし、このリストを最初に目にしたときには非常に感慨深いものがあったのである。

かくなる上は、ポールには少しでも長く現役でがんばってもらい、ボブ・ディラン、マドンナを追い越して、エルヴィスに少しでも近づいてほしいと思う。

さらにポールは『キス・オン・ザ・ボトム』で60年代、70年代、80年代、90年代、2000年代、2010年代となんと6世代にも渡ってアルバムをトップ10に送り込んだアーティストになったということである。これが史上初の記録であるかどうかは今のところ不明だが、たとえ過去にあったとしても非常に稀なすばらしい記録であることだけはたしかだろう。そして現在のポールの元気な姿を見るかぎり、この記録がさらに続いてゆくことは確実である。
生きているだけでめでたい!サー・ポール万歳!

参考:
キス・オン・ザ・ボトム(日本盤 ボーナストラックなし)
Kisses on the Bottom (UKデラックス盤 ボーナストラック有)


関連記事