FC2ブログ

ポールの曲: 『オンリー・アワ・ハーツ(Only Our Hearts)』 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールの曲 » ポールの曲: 『オンリー・アワ・ハーツ(Only Our Hearts)』

ポールの曲: 『オンリー・アワ・ハーツ(Only Our Hearts)』

『キス・オン・ザ・ボトム』の中で僕が一番好きな曲がこれである。今回このアルバムを聴いて、やはりポールはオリジナルだという思いをより一層強くした。

スタンダードのカバー曲集についてはこれ以上望むことができないほど素晴らしい出来であると思う。最高のミュージシャンの演奏と、最高のプロデューサー、そして最高の録音。仕上がりについては何も言うことがない。しかし、それでもポールのオリジナル作品のすばらしさには遠く及ばないことがこの曲や『マイ・ヴァレンタイン』を聴くとよくわかる。どこがどう違うのか、と聞かれてもそれはなかなか言葉では説明が難しいのだが…。

オリジナルの2曲以外は、ただ「ポールが歌っているから」という理由だけでこれからも時々は聴くことにはなるだろう。だが、『マイ・ヴァレンタイン』と『オンリー・アワ・ハーツ』の2曲については、その他の曲とは切り離して「何の理由もなく」、いやあえていえば「ただ聴きたいから」という理由だけでこれから何度も何度も繰り返し聴き続けるにちがいない。両者にはそれだけ質的な違いがある。ポールの書くオリジナルはある種の永遠性を備えている。

今回発表されたオリジナルの2曲、『マイ・ヴァレンタイン』も『オンリー・アワ・ハーツ』も甲乙つけがたいバラードの名曲である。ただ僕はわずかに『オンリー・アワ・ハーツ』のほうが好きなのだが、これはもう好みの問題だろう。それにしても、今になってポールがこんなにも渋いバラードの名品を書いてくれようとは、正直思いもしなかった。何が言いたいのかというと、つまりこの曲については、それぐらい完成度が高いということである。並のバラードなら、並のラヴソングなら、ポールはいくらだって書ける。だが『オンリー・アワ・ハーツ』は、きっとこれから長い間ファンに愛され続ける重要な曲の一つになっていくことだろう。

僕はなぜかこの曲が、映画のエンドロールに流されている場面を想像してしまう。この曲を最後に聴いて映画館から出ていくところを頭に思い描いてしまう(そして、それはきっととても幸せな感覚であるにちがいない)。それぐらい、この曲はある意味写実的な作品としてもユニークだ。
そしてこの曲全体に流れる安らぎと、暖かさと、癒しの空気感。ポールの優しい歌声と、スティーヴィーの奏でるハーモニカがダイレクトにハートの奥深くにまで響いてくる。長い間ポールの音楽を聴いてきたが、こんな曲は今までなかった。

これはポール・マッカートニーの新たな始まりを告げる曲であると僕には思われるのである。

参考:
キス・オン・ザ・ボトム(日本盤 ボーナストラックなし)
Kisses on the Bottom (UKデラックス盤 ボーナストラック有)


関連記事