FC2ブログ

『キス・オン・ザ・ボトム』発売直前情報 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールのニュース » 『キス・オン・ザ・ボトム』発売直前情報

『キス・オン・ザ・ボトム』発売直前情報

いよいよ発売が直前に迫ったポールの最新アルバム『キス・オン・ザ・ボトム』。ポールのオフィシャルサイトでの内容を中心に、ここで情報をいくつかまとめてお届けしよう。

まずは、なんと発売前に『キス・オン・ザ・ボトム』の全曲がネットで試聴できるといういかにもポールらしい大盤振舞いが公式サイトに掲載されている。以下いずれかのページにアクセスすると、ボーナストラックを除く全曲がフルコーラスで試聴できる。まだ買おうかな、どうしようかな、などと迷っている人は、ぜひアクセスして購入判断の参考にしていただきたい。ちなみに僕はあと数日でCDが届くので、ここはガマンガマン…数曲を軽くつまみ食いした程度だが音はけっして悪くないと思う。ただすでにCDを聴いた人の話では、音質は全然比べ物にならないという。今回はレコーディングの演奏、音質すべてがすばらしいという噂だ。

http://www.guardian.co.uk/music/musicblog/2012/jan/30/paul-mccartney-kisses-on-bottom-stream?CMP=twt_gu

http://www.npr.org/2012/01/29/145758948/first-listen-paul-mccartney-kisses-on-the-bottom#playlist

(クインシー・ジョーンズ、ポールをベタ褒め)
大方の予想に反して(?)、すでに各方面から高く評価されているといった印象の『キス・オン・ザ・ボトム』。ポールの公式サイトにも、あのマイケル・ジャクソンの『スリラー』を手掛けたことでも有名な世界的音楽プロデューサー、クインシー・ジョーンズが最大級の賛辞を寄せている。「・・・私とポールとの付き合いはビートルズがアメリカにやって来る前の49年も前にまで遡るが、彼がよくぞこのアルバムを作る為に時間を割いてくれたものだと思う。私はこれまでこれらの曲のカバーをたくさん聴いてきたが、これほどすばらしいものにはお目にかったことがない」

(アルバムタイトルについて)
『キス・オン・ザ・ボトム』というタイトルは、日本人には語感的に特にピンとくるものがないので特に問題はないと思われるのだが、これは直訳すると「おしりにキス」という意味になり、批判を含め欧米ではかなり話題になっている。当初アルバムの仮タイトルは『マイ・ヴァレンタイン』とされており、僕自身も再婚後初の作品、そして発売日のタイミングなども考え合わせるとなかなかいいタイトルかな、などと考えていた。だから最初このアルバムタイトルを知ったときはかなり複雑な気分を味わったというのが正直なところだ。

その後、このタイトルはアルバム1曲目の“I’m Gonna Sit Right Down And Write Myself A Letter ”の歌詞の一部から取ったことが明らかにされたのだが、この件に関してポール自身が面白いエピソードを明かしているので紹介しよう。
「僕はいたずらが好きなんだよ。魂にとって薬になるし、他人がよくないと思う考えだからこそ、逆にそれを採用してやろうと思うんだ。レコード会社にタイトルを打診したら、こんな返事が返ってきたよ『ポール、たとえ何があろうとも我々はこれを受け入れられません』ってね。ある人は『まるで下腹にパンチを叩き込まれたみたいです』とも言ってたよ。」

いくつになってもやってくれますねえ、ポール。我々ファンもついてゆかなくては(笑)。

(グラミー賞に登場)
アルバム発売直後の2月12日にポールがグラミー賞で演奏することが決まっている。曲目はまだ明かされていないようだが、今回『バンド・オン・ザ・ラン』のデラックス・エディションがグラミー賞のベスト・ヒストリカル・アルバムにノミネートされていることから、アルバム『バンド・オン・ザ・ラン』か、最新作『キス・オン・ザ・ボトム』の中からピックアップして演奏される可能性が高いと思われる。

(緊張のレコーディング?)
『キス・オン・ザ・ボトム』は最初ポールのヴォーカルを除く演奏部分だけが録音されたそうである。この件についてポールは以下のように語っている。
「僕は全く未知の役割を与えられて、本当に恐れおののいていたんだ。あいだに入って自分を隠してくれるギターも、ピアノも、何もなかったからね。僕はなんとかしてヴォーカルスタイルを見つけ出さなくてはならなかった…。」
「僕は真にすばらしいミュージシャンたちと向き合っていた。彼らをだますことなどできはしない。僕は一人で考えた『こんちくしょう!完全に負けそうだ。このバンドで最悪のメンバーになってしまったらどうしよう。しかも、僕はそこそこやれると思われている。彼らは皆笑顔で僕に接するだろう。でも心の中では『こいつクソだな』なんて思うかも。さあ負けるなマッカ、がんばるんだ。というわけで、僕が楽器を手にしていないというのはとても奇妙だったし、恐ろしかったんだよ。」

参考:
『キス・オン・ザ・ボトム』日本盤
『KISSES ON THE BOTTOM』(US盤/通常盤) 
『KISSES ON THE BOTTOM』(US盤/デラックス盤)
『KISSES ON THE BOTTOM』(US盤/アナログ盤)


関連記事