FC2ブログ

ポール関係の本、最新事情 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールの本 » ポール関係の本、最新事情

ポール関係の本、最新事情

読者より、ポールの新しいムック本が出ているという情報をいただいた。そういえば近ごろさっぱりポールやビートルズ関係の本を買った覚えがない(最後に買ったのは『ビートルズ・アンソロジー』かもしれない、古!)。たまに書店に寄ったとしても、真っ先に向かうのは幼児・子供向け書籍コーナーで、チェックするのは主にウルトラマン、仮面ライダー関係の本が主という有様である。4才の息子をいかに喜ばせるか、そんなことばかり考えているバカな父親なのであった(汗)。

そんなわけで、この機会に今ポール関係の本はどういうものが出ているのか、またどんな本が売れているのかを調べてみることにした。

Amazon.co.jpで『本』のカテゴリーを選び、『ポール・マッカートニー』をキーワードにして検索してみると、トップ10は以下のような検索結果になった。

1位:THE DIG Special Edition ポール・マッカートニー (シンコー・ミュージックMOOK)
今回読者から情報提供いただいた最新ムックが堂々の1位である。解説を読むと、ポールのビートルズ時代からの50年の全活動を網羅したもの、ということになっているのだが、総ページ数は148ページではっきり言ってこのヴォリュームではポールの活動の全てを網羅することはどう考えても不可能である。どうやらこれは読者からの情報にもあった通り、特にソロ期のライヴ活動に焦点を絞ったムック本というのが正解のようだ。他に70年代のインタビュー等も収録されているようだから、比較的新しいファンには面白い内容かもしれない。
5113x3kVDyL__SL500_AA300_.jpg

2位:増補新版 ポール・マッカートニー (文藝別冊)
これもムック本だが、こちらは約10年前に発売されたものの増補版ということ。実は僕もこれは買って持っている。内容的には個人的な意見を言わせてもらうなら、ファンならば買っておいてもけっして損はないが、かといって絶対に買うべき本かというと、そうでもないというのが正直なところ。

3位:ポール・マッカートニー―メニー・イヤーズ・フロム・ナウ
僕自身読んだことはないが、おそらくこれまでのところポールの自伝としては最も評価の高いものではないかと思う。ただ自伝とはいってもポール自身が書いているわけではなく、バリー・マイルズという人が約5年をかけてポール自身が語った(インタビュー)内容をまとめた回想録的な内容となっている。大変分厚い本なので、挑戦のしがいはあるかも?

4位:ポール・マッカートニー太陽を追いかけて―04・サマー ポール・マッカートニー~僕はビートルズに戻りたい~
BCC(ザ・ビートルズ・クラブ)が2004年に行なわれたポールのツアーの内容を中心にまとめたファンクラブ月刊誌の増刊号的な内容らしい。BCCには僕も20代後半まで在籍(会員登録)していたが、月刊誌の内容はいつも密度が濃かったと記憶しているので、おそらく期待を裏切らない内容になっているのではなかろうか。ただ、値段が88ページで1,260円というのはちょっと高い気がしてしまう。それでもこの本が4位につけているのはそれなりの理由があるのだろう。

5位:ポール・マッカートニーとアヴァンギャルド・ミュージック―ビートルズを進化させた実験精神
こういう本が出ていたこと自体今まで全く知らなかったことに、まず1ファンとして反省…。原題を直訳すると『知られざるポール・マッカートニー(The Unknown Paul McCartney)』となっており、邦題『ポール・マッカートニーとアヴァンギャルド・ミュージック―ビートルズを進化させた実験精神』と共にかなり興味をそそられる題名となっている。常日頃からポールの本質を突いた書籍、評論等が極めて少ないと感じているだけに、いつかは読んでみたいと思わせる本ではある。ともかくこれを邦訳にこぎつけたことだけでも賞賛に値すると思う。

6位:プレイ・エレクトリック・ギター with ポール・マッカートニー 生カラオケCD付
おっと出ました。さしずめ「ポール・マッカートニーとギターを弾こう!」なんてことになるのだろうが、今でも楽譜関係が強いのはよいことだと思う。『付属CDには模範演奏&カラオケ音源収録。』ということ。若かったら買っただろうな。

7位:The Little Box of Beatles(4冊セット)
4冊入りのボックスセットになっており、1冊につき1人のビートルの伝記が書かれているそうなのだが、内容の善し悪しについては全く不明である。

8位:ポール・マッカートニー―ビートルズ神話の光と影
もう一つのポールの伝記のようだが、この本の海外での評価はあまり高くないようだ。

9位:nowhere Vol.14 特集:ポール・マッカートニー/音の旅人 ノーウェア 14号
『nowhere』とはテーマにそってさまざまな角度からビートルズを徹底検証するビジュアル・エンサイクロペディア・マガジンということ(しらんかった)。大型本でこれまでVol.1~Vol.22までが出版されている。これはその14号。特集記事はポールだが、ビートルズの記事も含まれている。どちらかというとマニア向けだろうか?

10位:プレイ・ピアノ with ポール・マッカートニー 生カラオケCD付
6位の本のピアノ版だが、収録曲が面白いので僕はどちらかといえばこちらに興味がある。収載曲:Anyway/ Beautiful Night/ Let 'Em In/ Live And Let Die/ Maybe I'm Amazed/ Nineteen Hundred And Eighty-five/ Silly Love Songs/ Wanderlust

以上、簡単に調べてみたが、改めて感じてしまったのはポール関係の本は相変わらず本当に読みたいと思える本が少ないということだった。これが「ビートルズ」をキーワードで検索すると、ザ・ビートルズ アルバム・バイブル (日経BPムック)ザ・ビートルズ全曲バイブル 公式録音全213曲完全ガイド真実のビートルズ・サウンド (学研新書)コンプリート・ビートルズ リマスターCD公式ガイドなどなど、お金があったらとりあえず買ってみたい本が目白押しという結果になる。ただ、僕はポールの「音楽」が好きなのだから、別にそれはそれで良い。彼の伝記にさえたいして興味がない変わったファンなのであるから…。


関連記事