FC2ブログ

『キス・オン・ザ・ボトム』インタビュー映像 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールのニュース » 『キス・オン・ザ・ボトム』インタビュー映像

『キス・オン・ザ・ボトム』インタビュー映像

ポールが『キス・オン・ザ・ボトム』のプロデューサー、トミー・リピューマと共に行なったインタビュー映像を見つけたので紹介する。(MPLの公式映像のようだが、なぜかまだポールの公式サイトにはアップされていない)

http://www.youtube.com/watch?v=M2CAuZbKtKg

インタビューが行なわれたのはこのアルバムのレコーディングが行なわれたロサンゼルスのキャピトル・スタジオのようだ。二人共とてもリラックスしたいい雰囲気である。二人がいい関係で仕事を終えたであろうことが見て取れる。トミー・リピューマはポールより6才年上ということだが、見た目はもっと差があるように見える…(というか、なんか笑える)。映像には様々なレコーディング風景が挟み込まれており、英語がわからない人も楽しめる内容だと思う。ポールがエリック・クラプトン、スティーヴィー・ワンダーと共に演奏を行なうシーンもほんの少しだけ映っているのでお見逃しなく!

さて発売まで2週間を切ったポールの最新アルバムだが、ボーナストラック2曲が収録されているというデラックス・エディションの日本盤情報がさっぱり上がってこない…、ということで、読者のけろりんさんがユニヴァーサル・ミュージックに直接電話をして聞いてくださったのだが、残念ながら今のところ通常盤しか発売の予定はないとのこと…。どういう事情があるにせよ、ユニヴァーサル・ミュージック・ジャパンはその理由をファンにきっちり説明すべきであろう。これはもうある意味異常事態である。

さてアマゾンでの価格の変動を見てみると、前回リリース情報でお伝えしたときよりも既に価格がかなり跳ね上がっている状況である。
US盤の通常盤が1150円 ⇒ 1666円
US盤のデラックス盤が1530円 ⇒ 1870円 
日本盤(通常盤 SHM-CD仕様)は未だディスカウント0円の2600円という状況。

このままいけば、US盤を安い時に予約された方はかなり得をされるかもしれない。僕はすでに通常盤をキャンセルして、USデラックス盤を購入することで決定。あとはCDが届くのを待つばかりだ。海外のサイトで僕が調べたかぎり、アルバムの前評判は今のところ上々である。期待し過ぎずに待とう(笑)。

参考:
『キス・オン・ザ・ボトム』日本盤
『KISSES ON THE BOTTOM』(US盤/通常盤) 
『KISSES ON THE BOTTOM』(US盤/デラックス盤)
『KISSES ON THE BOTTOM』(US盤/アナログ盤)


関連記事