FC2ブログ

『キス・オン・ザ・ボトム』リリース情報 - Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+!

Macca Go Go Go! ポール・マッカートニーファンブログ・・・プラス!PLUS!+! ホーム » ポールのニュース » 『キス・オン・ザ・ボトム』リリース情報

『キス・オン・ザ・ボトム』リリース情報

発売から1カ月を切ったというのに、未だリリース情報の全貌が見えてこない『キス・オン・ザ・ボトム』。日本の発売元であるユニヴァーサル・ミュージックの公式サイト(http://www.universal-music.co.jp/jazz/artist/paul_mccartney/index.html)でさえデラックス盤の情報すら掲載されていないという有様である。あくまでも個人的意見だが、少なくとも日本に関してはポールのレコード会社移籍はプラスに働いているとはとても思えない現実がある。少なくとも以前の東芝EMIはポール・マッカートニーというアーティストをもっともっと大切に扱っていたと感じるのである。

とまあ愚痴はほどほどにしておくとしても、僕のような素人ブロガ-に肝心なリリース情報すら先を越されるようでは本当にいかんと思うのである。ユニヴァーサル・ミュージック・ジャパンさんには今後への期待を込めてあえて苦言を呈しておきたい。

ということで、まずは現時点でのリリース情報を以下にまとめておきたい。発売予定日は2月7日か8日。

すでに過去記事でも触れたが、『キス・オン・ザ・ボトム』には通常盤とデラックス盤の2種類があるらしい。詳細は不明だが、ともかくデラックス盤には2曲のボーナストラック("Baby's Request" と "My One and Only Love") が追加収録されるということだ。“Baby's Request”はおそらく『バック・トゥ・ジ・エッグ』に収録されたポールの曲で間違いないだろうが、果たしてオリジナルが収録されるのか、それとも今回のリリースに合わせて再録音されたのかは今のところ不明である。同じ曲のスタジオ再録音というのはポール場合ほとんど前例がないので、個人的にはリメイクを希望したいところだが…。また、ポールの公式サイトによればデラックス盤にはポールのスペシャルライヴ映像がダウンロードできるアクセス権と、絵ハガキが3枚ついてくるということである。

1/12現在、アマゾンには『キス・オン・ザ・ボトム』の日本盤は1種類しか掲載がない。これが通常盤かデラックス盤かは全くもって不明だが、これが一番最初に掲載されたものだから、おそらく通常盤の可能性が高いと思われる。SHM-CD仕様とはいえ価格だけは2,600円と相変わらず高いが、値段に見合うだけの内容になっているのでしょうねえ、きっと……。

『キス・オン・ザ・ボトム』日本盤

輸入盤はUS盤とUK盤の2種類が掲載されているが、US盤のほうが値段が安いのでそちらだけを参考に載せておく。

US盤は以下の3種類。
『KISSES ON THE BOTTOM』(安いほう) ※通常盤と思われる。
『KISSES ON THE BOTTOM』(高いほう) ※デラックス盤と思われる(1/20確定)。
『KISSES ON THE BOTTOM』(アナログ盤)

Tbdというのは「タイトル未定」という意味だ。ちなみに僕はとりあえずUS盤の安いほうと高いほうの両方を予約した。特に通常盤は1150円とシングル並の価格だったので迷わず即クリックした(笑)。今までの経験から、価格は発売前までに上がる可能性もあるので、安いと思ったらとりあえず予約しておき、必要がなくなればあとでゆっくり考えてキャンセルすることにしている。もし高いほうがデラックス盤で確定したら、僕はこちらを買うつもりである。これでも日本盤より千円以上も安いのだから。

さて、アルバムの前評判だが、すでにポールが作った2曲を含めほとんどの曲がネット上に流出するなど物議をかもしているが、その評価は概ね好意的というのが僕の印象である。僕自身も“My Valentine”と“Only Our Hearts”を聴いたかぎりでは、このアルバムがポールの偉大なるキャリアに傷を付けるようなものにはなり得ない、むしろ彼の衰えぬ意欲とチャレンジ精神は大きな賞賛に値する、という感想を持ったしだい。見方を変えれば、ポールはこの年になってようやく腰を落ち着けて“年相応の”音楽に取り組んだともいえるわけで、ビートルズ・ミュージックの再生産という呪縛から解き放たれた、真に歴史的なプロジェクトだったのかもしれない、なんて思ってみたりもするのである。ニューアルバムについては、また追加で情報が入りしだい順次お知らせする。


 
関連記事